きのこをメインにお寿司をつくりましょう。いろいろな種類のきのこを使うと満足感が高まります。具ごとに味付けをしなくていいので、ちらし寿司より調理がぐっと手軽。時間のない日のランチや、急に来客があるときなどにも、炒飯をつくる感覚でぱぱっとつくれます。

材料(2人分)

ごはん 茶碗4杯分
お好みのきのこ 150g
※今回ははたけしめじ70g(約1/2株)、しいたけ50g(約2〜3個)、エリンギ50g(約1/2本)を使用しました
油揚げ 1/2枚
A レモン汁 大さじ1 ※今回は「無茶々園のレモン果汁」を使用しました
A 酢 大さじ2
A 塩 小さじ1 ※今回は「自凝雫塩(おのころしずくしお)」を使用しました
A 砂糖 大さじ2弱
菜たね油 小さじ1 ※今回は「菜たね油 菜ばかり」を使用しました
塩 ひとつまみ
※今回はすだちを飾りに添えました

つくりかた(調理時間:約10分 ※ごはんを炊く時間は含みません)

1)はたけしめじは石づきを除いてほぐします。しいたけは軸をおとし、かさは1〜2mmの薄切りにします。エリンギは食べやすい大きさに手でほぐしておきます。

2)油揚げは熱湯でサッとゆでて、油抜きをします。粗熱が取れたら1〜2mm幅の短冊切りにします。

3)Aは混ぜ合わせておきます。

4)フライパンに菜たね油をひき、油揚げ、はたけしめじ、しいたけ、エリンギを入れて中火でいためます。きのこがしんなりしてきたら、塩をふり、さっと炒め合わせます。

5)ボウルなどにごはんとAを入れて混ぜ合わせます。全体に馴染んだら、4)を入れてさっくりと混ぜ合わせて器に盛ります。飾りにすだちを添えます

 

寒くなるこれからは、ほっこり温まるかぶのスープと合わせていただきましょう。

「まるごとかぶのスープ」のレシピはこちら>>

◆お客さまの声
坂ノ途中アンバサダーの @sakiko_0610_さんがこちらのレシピを元に、作ってくださいました!

食感のアクセントにさっと茹でたコマツナとごまを加えました。お寿司にはレモン汁も入って、香りがふわーと癒されます。とても美味しくいただきました。

家にあるお野菜を加えてアレンジするのも美味しそうです。よかったら作ってみてくださいね。

11月のレシピ担当


酒井 麻由(まかないづくり、レシピ作成)
フレンチのレストランで10年以上経験を積んだのち、結婚を機にお野菜のお弁当のケータリングに仕事をシフト。
そこで坂ノ途中を発見し、まかない担当に。坂ノ途中の「今月のレシピ」ではお野菜を使ったレシピを毎月考えている。エスニック系の料理が得意。

 

●写真/日髙 美月

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら