れんこんはシャクシャク、ホクホクした食感も美味しいですが、今回は饅頭にしてむっちりとした食感を楽しみましょう。もう一つのポイントは梨を使っているところ。噛んだ時にほのかな甘みとシャクッとした食感が味わえるように、粗みじん切りにしています。お好みで柚子こしょうを添えると、キリっと味が引きしまります。

材料(2人分)

れんこん 200g
梨 50g
酒 少々
片栗粉 大さじ2
塩 小さじ1/2
※今回は「カンホアの塩」を使用しました
柚子こしょう(お好みで) 少々

<あん>
れんこんのすりおろし汁 50ml
昆布だし 80ml
薄口しょうゆ 大さじ1/2
※今回は「うすくち醤油 井上こはく」を使用しました
みりん 大さじ1
※今回は「一子相傳 小笠原味淋」を使用しました
水溶き片栗粉 適量

つくりかた(調理時間:約30分)

1)梨は皮を剥いて粗みじん切りにし、キッチンペーパーなどで水気をふき取ります。

2)れんこんはすりおろし、汁気を切っておきます。おろし汁はあんに使うので器に取っておきます。

3)ボウルにあんの材料以外をすべて入れてよく混ぜます。まとまったら2つに分けて、丸めます。蒸気のあがった蒸し器に並べ、とろ火で15分ほど蒸します。

4)あんをつくります。小鍋に水溶き片栗粉以外の材料を全て入れて中火にかけます。沸騰したら弱火にし、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけます。再沸騰したら火を止めます。


5)器にれんこん饅頭を入れ、上からあんをかけます。お好みで柚子こしょうを添えます。

9月のレシピ担当


高木 友香(まかないづくり、レシピ作成)
小さい頃から料理好きで、小学生の頃に自分用の包丁を買ってもらった。「料理は時短も大事!」と、いかにスピーディーに料理できるか日々追求している。最近はスパイスにハマっていて、神戸まで買い出しに行くほど。坂ノ途中の「今月のレシピ」では、毎月数種類のレシピを考えている。

 

●写真/日髙 美月

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら