今月からは「季節のお野菜献立」と題し、坂ノ途中のお野菜セットでお届けする内容を中心に、献立を考える企画をスタートします。春夏秋冬、お届けするお野菜の季節の移ろいとともに、楽しんでいただけたら嬉しいです。

Day1/お野菜セットSサイズでつくる、春の献立

ある金曜日の夕食の献立

◉揚げじゃがキーマカレー
◉にんじんラペサラダ

忙しい日にささっとつくれるカレーが主菜です。ホクホク感を味わうため、新じゃがは煮込むのではなく、皮ごと揚げ焼きに。春にんじんを使ったサラダは、甘み付けに砂糖でなく柑橘のピールを。柑橘ピールのほろ苦さが、サラダをより春らしい味わいに仕上げています。

手順のポイント
カレーを煮込んでいる間に、にんじんラペサラダをつくります。カレーに使う揚げじゃがを多めにつくっておくと、月曜の献立の「ジャーマンポテト」にも活用できますよ。

揚げじゃがキーマカレー

材料(2人分)
新じゃがいも 150g(小サイズ 約3個)
玉ねぎ 150g(小サイズ 約1個)
マッシュルーム 60g ※お好みのきのこでも 
合い挽き肉 100g
にんにく(みじん切り) 大さじ1
しょうが(みじん切り) 大さじ1

カレー粉 大さじ2 ※今回は「てってのカレーパウダー」を使いました
塩 5g ※今回は「自凝雫塩(おのころしずくしお)」を使いました
小麦粉 分量はつくりかたに記載しています
水 250ml
中濃ソース 大さじ2
油 大さじ4

準備するもの
ポリ袋 1枚

つくりかた(調理時間:約30分)

1)新じゃがいもはよく洗い、皮付きのまま一口大に切り、キッチンペーパーなどでしっかり水気を拭き取ります。ポリ袋にじゃがいもと小麦粉(小さじ1)を入れ、よく振って新じゃがいもに小麦粉をまとわせます。玉ねぎはみじん切り、マッシュルームは食べやすい大きさに切ります。

2)フライパンに油を入れて弱火にかけます。油が温まったら、じゃがいもを入れます。まんべんなく焼き色が付くよう、新じゃがいもの向きを変えながら、5分ほど揚げ焼きにします。キッチンペーパーなどにあげて油を切ります。

3)同じフライパンを弱火にかけます。油が多く残っている場合は、キッチンペーパーで吸い取ってください。玉ねぎを入れ、5分ほど炒めます。玉ねぎにつやが出て透き通ったら中火にし、にんにくとしょうがを加えます。香りが立ってきたら合い挽き肉を入れ、火が通るまでよく炒めます。

4)カレー粉、小麦粉(大さじ1と1/2)、塩を加えて軽く炒め、水、中濃ソースを加えて全体を混ぜ合わせます。沸騰したら弱火にし、10分ほど煮込みます。

5)2の揚げた新じゃがいも、マッシュルームを加え、2分ほど煮ます。

にんじんラペサラダ

材料(2人分)
にんじん 200g(大サイズ 約1本)
リーフレタス お好みの量
塩 分量はつくりかたに記載しています ※今回は「自凝雫塩(おのころしずくしお)」を使いました
酢 10g ※今回は「有機純米酢 老梅」を使いました
オリーブオイル 5g ※今回は「ラグーソ エキストラヴァージンオリーブオイル」を使いました
柑橘ピール 10g ※柑橘系のジャム(マーマレードやゆずジャムなど)でも代用できます

つくりかた(調理時間:約10分)

1)酢、オリーブオイル、柑橘ピール、塩(少々)を合わせておきます。

2)にんじんは皮むき、ピーラーで薄くスライスします。ボウルに入れ、塩(小さじ1)をまぶして5分ほど置きます。にんじんをぎゅっとしぼって水気をしっかり切ります。

3)2に1を加え、よく混ぜ合わせます。

今回のレシピ担当


高木 友香(まかないづくり、レシピ作成)
小さい頃から料理好きで、小学生の頃に自分用の包丁を買ってもらった。「料理は時短も大事!」と、いかにスピーディーに料理できるか日々追求している。最近はスパイスにハマっていて、神戸まで買い出しに行くほど。坂ノ途中の「今月のレシピ」では、毎月数種類のレシピを考えている。