坂ノ途中のお野菜セットが届いたら、どんな献立ができるの? 今回はSサイズのセットと、人気のきのこおかわりセットを使って、2人家族の献立を考えてみました。旬のお野菜をたっぷり使っているので、みなさんのおうちでも、7月、8月の献立の参考になればうれしいです。

Day2/お野菜セットSサイズでつくる、真夏の献立

ある日曜日の朝食の献立

◉とうもろこしパンケーキのワンプレート
◉玉ねぎ丸焼き、レモングラスオイル
○イタリアントマトとじゃがいものコンソメスープ

※献立のなかでピックアップしてレシピをご紹介するものに「◉」のマークをつけています。

日曜日の朝は、休日らしい特別感のあるものが食べたくなりませんか?まかないスタッフの高木さんのおすすめは、おかず系のパンケーキ。とうもろこしのパンケーキはやさしい甘みがあり、野菜が苦手なお子さんも喜んでくれそうです。パンケーキや玉ねぎの丸焼きに合うレモングラスオイルのつくり方もご紹介します。

手順のポイント
まずは玉ねぎをオーブンに入れてじっくり焼きます。レモングラスオイルをつくったら、つづいてコンソメスープへ。最後にとうもろこしパンケーキにとりかかります。

とうもろこしパンケーキのワンプレート

材料(2人分/小さいパンケーキ8つ分)
とうもろこし 100g(約1/2本)
米粉のパンケーキミックス 100g ※今回は「米粉のパンケーキミックス」を使いました
水 100ml
塩 小さじ1/4 ※今回は「自凝雫塩(おのころしずくしお)」を使いました
こしょう 少々
エキストラバージンごま油 小さじ1(なければオリーブオイルで代用できます)
※今回は「エキストラバージンごま油」を使いました

バター 20g

下準備
バターは8等分に切っておきます

つくりかた(調理時間:約20分)1)湯を沸かした鍋にとうもろこしを入れ、2〜3分湯がきます。取り出して、粗熱をとります。

2)とうもろこしの実をひとつずつほぐします(包丁で削ぎ落としてもかまいません)。

3)ボウルに水、塩、こしょうを入れてよく混ぜます。米粉のパンケーキミックス、とうもろこしを加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。5分おいて生地を落ち着かせます。

4)フライパンにエキストラバージンごま油を薄くしき、弱火にかけます。油が温まったら、生地の1/8量をおたまで丸く落とし入れ、1枚ずつ生地を焼きます。両面を1〜2分ずつ焼きます。焼き上がる少し前に、切っておいたバターを生地の上にひとつずつのせます。バターが溶けたら器に盛ります。お好みでグリーンサラダやポーチドエッグを添えてください。あとでつくる「レモングラスオイル」をかけても美味しいですよ。

玉ねぎの丸焼き、レモングラスオイル

材料(2人分)
玉ねぎ 2個(約400g)
塩 小さじ1/2 ※詳しい分量はレシピに記載 
※今回は「自凝雫塩(おのころしずくしお)」を使いました
エキストラバージンごま油 大さじ2 ※詳しい分量はレシピに記載
※今回は「エキストラバージンごま油」を使いました
レモングラス 3g(約5cm幅4本)※詳しい分量はレシピに記載

〈レモングラスオイル〉
レモングラス 2g(4〜5本)
エキストラバージンごま油 大さじ6 
にんにく 1/2かけ

下準備
オーブンを190℃に余熱しておきます。
保存用の瓶を煮沸消毒、またはアルコールで除菌しておきます。

つくりかた(調理時間:約45分)

1)玉ねぎは皮付きのまま、上部を切り落とし、十字の切り目を入れます。

2)アルミホイルの上に玉ねぎをおき、切り目にレモングラスを2本挟んで、塩、エキストラバージンごま油をかけます。アルミホイルでしっかりと包み、耐熱皿に入れて190℃のオーブンで40分焼きます。

3)レモングラスオイルをつくります。レモングラスは約10cmの長さに切ります。

4)小鍋にすべての材料を入れて、弱火にかけます。3〜4分加熱し、にんにくが黄金色になってきたら火を止めます。粗熱が取れたら、保存瓶に移します。
※冷暗所で約1週間日持ちします。

5)玉ねぎが焼けたらオーブンから取り出します。アルミホイルを開いてみて、玉ねぎから水分が出てくたっとしていれば焼き上がり。火の通りが足りなければ、追加で焼いてください。

6)アルミホイルから玉ねぎを取り出し、器に盛ります。レモングラスオイルをお好みの量かけてお召し上がりください。