甘く深い、大人の味わい。お酒やお砂糖の種類を変えてみて、飲みくらべるのも楽しいです。好みのスパイスなどを加えるアレンジもおすすめ。甘みを活かして、お料理にも使えますよ。

梅しごとの下準備

梅の下準備
1)青梅の場合は、水に2〜3時間浸けてアクを抜きます。
※黄色く熟した梅の場合は、アク抜き不要です。
2)洗って水気をふき取り、ヘタを爪楊枝などで取り除きます。

保存瓶の消毒
よく洗い、熱湯をまわしかけて乾かします。
さらに、アルコールで瓶の内側をふきあげると完璧です。

保存瓶のサイズ目安・選び方のポイント
〇サイズ目安
2Lサイズ…梅酒なら梅500g、梅シロップなら梅500g~800gを漬けるのに最適です。
4Lサイズ…梅酒なら梅1㎏、梅シロップなら梅1.5kgを漬けるのに最適です。

〇ポイント
・材料を出し入れしやすい、口の広いものを使う。
・異物が混入しないように、ふたがしっかり閉まるものを選ぶ。
・漬ける量に対して大きさに余裕のあるものを用意する。大きいものを選んだ方が、材料が混ざりやすく失敗が少なくなります。

写真:セラーメイト瓶(2L)で梅シロップ(梅500g)を仕込んだもの

材料

梅 500g
氷砂糖 300g~400g(梅の重量の60~80%が目安)
好みの酒(焼酎など) 900mL
※梅のアルコール発酵を抑えるため、お酒はアルコール度数が高いもの(20%以上)を選びます。
※法律上の理由からも、一般の人がアルコール度数の低い酒で果実酒をつくることは許されていません。
保存瓶(2L以上のものを準備)

お酒について
果実酒を作る時に使うお酒と言えば…ホワイトリカー。実は焼酎の1種で、主な原材料はサトウキビ。サトウキビから氷砂糖を作る時に出る副産物を使って作られます。風味や香りはついていないのが特徴で、ホワイトリカーで作る果実酒は、すっきりクリアな味わいに仕上がります。
一方本格焼酎は、原料の風味が豊か。どんな焼酎を使って作るかで、仕上がりは全く変わり、素材と焼酎が個性が合わさった、特有のコクやキレのあるまろやかさを感じられ味わいに仕上がります。

つくり方

1)梅と砂糖を交互に瓶に入れ、最後にお酒を注ぎ入れます。

2)日の当たらない冷暗所に置いて熟成させます。砂糖が溶けきるまでは、1日に数回瓶をゆすって全体を混ぜます。