万願寺とうがらしといえば和食に使うイメージですが、今回はスペイン料理のアヒージョ仕立てにしました。あさりのだしやにんにくの香りがしっかり染みた野菜はより風味豊かに。豆腐を使うことで、ごはんとの相性もよくなっています。旨みたっぷりのオイルは残しておいて、パスタと和えたり、バゲットを浸して味わうのもおすすめです。

材料(2人分)

万願寺とうがらし 150g(約1袋)
あさり(殻付き。砂抜きをしたもの) 6個
ミニトマト 4個
木綿豆腐 50g
レモン 1/4個
にんにく 1片
赤とうがらし 1本
菜たね油 150ml
※今回は菜たね油 菜ばかりを使用しました
塩 小さじ1/2

つくりかた(調理時間:約20分)

1)あさりはよく水洗いし、水気を切っておきます。

2)木綿豆腐は2cm角に切ります。キッチンペーパーなどで水気をふき取り、塩ひとつまみ(分量外)をふっておきます。

3)にんにくはみじん切りにし、ミニトマトはヘタを取ります。万願寺とうがらしは焼いた時に破裂しないように、真ん中に小さく包丁で切れ目を入れます。レモンは0.5cm幅のいちょう切りにしておきます。すべてキッチンペーパーなどで水気をふき取っておきます。

4)フライパンに菜たね油、にんにく、赤とうがらしを入れて弱火にかけます。にんにくがパチパチと音を立て香りが出てきたら、塩を入れて軽く混ぜます。木綿豆腐、あさり、万願寺とうがらし、ミニトマト、レモンを入れ、弱火で7分ほど煮ます。


9月のレシピ担当


高木 友香(まかないづくり、レシピ作成)
小さい頃から料理好きで、小学生の頃に自分用の包丁を買ってもらった。「料理は時短も大事!」と、いかにスピーディーに料理できるか日々追求している。最近はスパイスにハマっていて、神戸まで買い出しに行くほど。坂ノ途中の「今月のレシピ」では、毎月数種類のレシピを考えている。

 

●写真/日髙 美月

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら