野菜の甘さや、シャキシャキ、プチプチとした食感も美味しいケークサレ。ボリュームがありますが、野菜がたっぷり入っているので軽い食べ心地です。野菜はほかにトマト、なす、ズッキーニなども合います。ランチはもちろん、白ワインのアテにもぴったり。見た目も華やかなので、およばれのときなどは1台そのままお土産にすると喜ばれますよ。

 

調理時間:約60分(焼成時間を含みます)

材料(18cmのパウンド型1台分)

とうもろこし 250g(約1本)
小松菜 150g(約1束)
玉ねぎ 160g(小サイズ約1個)
卵(Mサイズ) 2個
薄力粉 150g
豆乳 100ml 
※今回はしろうさぎの豆乳を使用しました
とろけるチーズ(お好みのチーズでも) 60g
塩 少々(チーズの塩気に合わせて調整を)
こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ1
※今回はロイヤルナバリ オーガニックオリーブオイルを使用しました

※今回は飾りに、ロメインレタス、ミニトマト、マッシュルームを添えました



下準備

オーブンは180度に予熱しておきます。
薄力粉はふるっておきます。
型(直径18cmの丸型)にクッキングシートを敷いておきます。
※型はホーローバットや丸型など、ご自宅にあるもので代用できます

つくりかた


1)玉ねぎは薄切りにします。とうもろこしは皮を剥き、実を包丁でそぎ落とします。小松菜は2~3cm幅に切ります。

2)フライパンにオリーブオイルをひいて弱火にかけ、玉ねぎを入れます。あめ色になるまで、10分ほどじっくり炒めます。

3)ボウルに卵を入れ、泡立て器で軽く混ぜます。だまにならないよう薄力粉を2〜3回に分けて入れ、木ベラなどで混ぜ合わせます。豆乳を加えてさらに混ぜ合わせます。玉ねぎ、とうもろこし、小松菜、チーズ、塩、こしょうを加え、全体を混ぜます。

4)型に生地を入れ、180℃のオーブンで40〜50分焼きます。焼き上がったら型から出し、しっかり冷ましてから切ります。




食欲のない日のランチには、ケークサレとスープのセットもおすすめです。
きゅうりの冷製スープのレシピをチェック>>

 

8月のレシピ担当


酒井 麻由(まかないづくり、レシピ作成)
フレンチのレストランで10年以上経験を積んだのち、結婚を機にお野菜のお弁当のケータリングに仕事をシフト。
そこで坂ノ途中を発見し、まかない担当に。坂ノ途中の「今月のレシピ」ではお野菜を使ったレシピを毎月考えている。エスニック系の料理が得意。

 

●写真/日髙 美月

 

 

特集・夏野菜たっぷりのランチレシピ
坂ノ途中OnlineShopでは、レシピに使っているお野菜と加工品をピックアップしました。
レシピと一緒にお楽しみください!

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら