中華炒めのようにざっと炒めて、
チンゲン菜のシャキっとした食感を残しましょう。
しょうゆやごま油を使っていますが、隠し味のお酢でさっぱり。
口にはこぶと、ちりめんから海の香りが広がります。
味が染み込んだ春雨がまた美味しい。
食欲のない日でも、これならつるっと食べられそうです。

材料(2人分)

チンゲン菜 150g(約1束)
春雨(乾燥) 20〜30g
ちりめん 大さじ2
※今回は「しらぬひ海育ちのちりめん」を使いました。
にんにく 小さじ1/2(約1/2片)
しょうが 1/2片
酒 大さじ1/2
酢 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
ごま油 大さじ2

下準備

春雨は袋の表示に従い、戻します。さっと水にさらし、ザルにあげます。

つくりかた

1)チンゲン菜は縦に4等分に切り、さらに食べやすい長さに切ります。にんにく、しょうがはみじん切りにします。


2)フライパンにごま油をひき、にんにく、しょうがを入れて弱火にかけます。香りが出たら、チンゲン菜、ちりめんを入れて混ぜ合わせ、酒を加えて中火で炒めます。

3)チンゲン菜がしんなりしたら、春雨を加えてさっと混ぜます。酢、しょうゆを加え、炒め合わせて器に盛ります。



●文/山本 恵里奈 写真/日髙 美月

4月のレシピ担当


酒井 麻由(まかないづくり、本と野菜・OyOy)
フレンチのレストランで10年以上経験を積んだのち、結婚を機にお野菜のお弁当のケータリングに仕事をシフト。
そこで坂ノ途中を発見し、まかない担当に。今では「本と野菜・OyOy」のキッチンスタッフとしても腕をふるっている。エスニック系の料理が得意。

 

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら