坂ノ途中のお野菜セットが届いたら、どんな献立ができるの? 今回はMサイズのセットを使って、3人家族の献立を考えてみました。旬のお野菜をたっぷり使っているので、みなさんのおうちでも、5月、6月の献立の参考になればうれしいです。

Day2/お野菜セットMサイズでつくる、初夏の献立

ある日曜日の昼食の献立

◉チンゲン菜のタコライス
◉すりおろしきゅうりの大根、にんじん和え

お子さんにも人気のタコライスがメインの献立です。一般的なレシピはレタスを使いますが、今回は生で食べても美味しいチンゲン菜を使います。チンゲン菜のほろ苦さがスパイスの風味とよく合います。すりおろしたきゅうりをたっぷり使った和えものは、さっぱりした味わいで、タコライスとの相性も抜群です。

手順のポイント
和えものに使う大根とにんじんを切り、塩もみしておきます。タコライスを盛り付けの手前までつくります。きゅうりをすりおろして和えものができたら、タコライスを仕上げます。

チンゲン菜のタコライス

材料(3人分)

チンゲン菜 120g(約1/2袋)
トマト 200g(約1と1/4個)
チェダーチーズ(スライス) 3枚
ごはん 茶碗3杯分

〈タコミート〉
赤玉ねぎ 150g(約1/2個)
にんにく(みじん切り) 小さじ1 
合い挽き肉 300g
クミンパウダー 小さじ3と1/2
コリアンダーパウダー 小さじ2
オレガノ 小さじ1/2
塩 小さじ1強 ※今回は「自凝雫塩(おのころしずくしお)」を使いました
こしょう 少々
オリーブオイル 小さじ1
※辛くしたいときは、チリパウダーを小さじ1/4程度入れてください

〈サルサソース〉
赤玉ねぎ 100g(約1/4玉)
トマト 100g(約3/4玉)
パプリカ(赤・黄) 各30g(約1/6玉)
レモン汁 大さじ3(約1/2個分)
オリーブオイル 大さじ2 

塩 小さじ1/2 ※今回は「自凝雫塩(おのころしずくしお)」を使いました
こしょう 少々
※辛くしたいときは、チリパウダーを小さじ1/4程度入れてください

つくりかた(調理時間:約25分)

1)チンゲン菜は縦に半分に切り、さらに0.5cm幅の斜め切りにします。赤玉ねぎはみじん切りに、トマトとパプリカは1cm角に切ります(トッピング、タコミート、サルサソースに使用するものをまとめて切りました)。

2)タコミートをつくります。フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、にんにくの香りが立ってきたら、合い挽き肉と赤玉ねぎを加えて炒めます。

3)合い挽き肉が色づいたら、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、オレガノを入れてさっと炒め、塩、こしょうで味を調えて、火を止めます。

4)サルサソースをつくります。ボウルにすべての材料を入れて、混ぜ合わせます。

5)チェダーチーズ(スライス)を細切りにします。器にごはんを盛り、チンゲン菜、チェダーチーズ、タコミート、トマト、サルサソースの順番でのせます。

すりおろしきゅうりの大根、にんじん和え

材料(3人分)
きゅうり 120g(約1本)
大根 150g
にんじん 80g
ヨーグルト 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2 ※今回は「ラグーソ エキストラヴァージンオリーブオイル」を使いました
塩 小さじ1/2 ※今回は「自凝雫塩(おのころしずくしお)」を使いました
こしょう 少々

つくりかた(調理時間:約15分)

1)きゅうりをすりおろし、ザルにあげ軽く水気を切ります。
2)大根とにんじんは1mm幅のいちょう切りにします。塩(分量外)でもみ、10分ほど置いておきます。
3)1にヨーグルト、オリーブオイルを加え、塩、こしょうで味を調えます。
4)2の水気を絞り、3に加えて和えます。

今回のレシピ担当


Mayu(まかないづくり、レシピ作成)
フレンチのレストランで10年以上経験を積んだのち、結婚を機にお野菜のお弁当のケータリングに仕事をシフト。そこで坂ノ途中を発見し、まかない担当に。エスニック系の料理が得意。