キラキラと輝く新緑、晴れた青空。
四季のなかでも、ふわっと爽やかな風が吹き抜けるこの季節が、私は一番好きです。

5月下旬から6月にかけて、初夏のお野菜はやわらかくてみずみずしいのが特徴です。お届けがはじまるズッキーニやミニトマト、キュウリなどは、夏から秋口にも収穫されますが、徐々に皮が厚くなったり実がしっかり詰まっていきます。
採れはじめの今だからこそ、さっと湯がいたり、生で食べたり。お野菜の美味しさをシンプルに楽しんでいただくのがおすすめです。

坂ノ途中のお野菜セットが届いたら、どんな献立ができるの? 今回はMサイズのセットを使って、3人家族の献立を考えてみました。旬のお野菜をたっぷり使っているので、みなさんのおうちでも、5月、6月の献立の参考になればうれしいです。

旬のお野菜セット・Mサイズの一例 ※5月下旬〜6月にお届けのお野菜セットの一例としてご紹介しています。セット内容は、旬のお野菜をお届けしていますので、収穫時期により変更となります。予めご了承ください。

・チンゲン菜
・いんげん
・ズッキーニ(黄)
・赤玉ねぎ
・ベビーリーフ
・きくな(春菊)
・ミニトマト
・キュウリ
・だいこん
・ごぼう
・ブラウンマッシュルーム
・ハタケシメジ
・ニンニク(おまけ)

今が旬のおすすめ野菜

●チンゲン菜

クリーム煮や味噌汁にして煮込むとトロトロで美味しいチンゲンサイ。この時期、坂ノ途中スタッフのおすすめはサラダです。根元はとくにみずみずしく、新鮮なまま生で食べていただきたいです。保存は湿らせた新聞紙に包んで袋に入れ、冷蔵庫で立てておくと良いですよ。


●ズッキーニ(黄)

5~6月はズッキーニのお届けが豊富になります。いろいろな種類があるズッキーニですが、なかでも黄色いズッキーニは、栽培に手間がかかり、皮がやわらかく傷つきやすく、スーパーではあまり見かけないお野菜です。油との相性が良く、じっくり加熱するとトロっとした食感になり、甘みも増しますよ。

 

●いんげん

6~8月に出荷が多いいんげん。1年に3回収穫できることから、別名「三度豆」とも。おすすめの食べ方は胡麻和え、バター炒め、花椒炒め、肉巻きなど。鮮度が落ちやすいので早めにお使いくださいね。使い切れない分はさっと茹でて、冷凍保存もできます。

 

●赤玉ねぎ

5月下旬〜6月に出荷が多くなる赤玉ねぎ。鮮やかな色味を活かしたサラダやピクルス、ドレッシングにぴったりです。坂ノ途中でお届けするものは、大きなサイズのものも多いです。焼くと辛みがやわらぐので、輪切りステーキにして、赤玉ねぎの甘みを楽しんでくださいね。

 

初夏の献立/まかない担当のまゆさんがMセットでつくってみました!

「夏を感じるお野菜が出はじめましたね〜」とまゆさん。ズッキーニやミニトマト、キュウリなどを手に取りながらうれしそうに話してくれました。

バランスよく11〜14種類のお野菜が届くMセットは、3人家族の食卓にぴったりの量です。実際にMセットをとってくださっている方には、小さなお子さんとの3人家族の方も多いので、今回の献立は、お子さんも食べやすいレシピを中心に考えてくれました。「うちの娘たちも好きな味付けなんです」と、家の味をいろいろと披露。「もっといろんな野菜を食べてほしいから、Mセットでも足りないくらい」。トマトやピーマン、パプリカ、きのこも数種類追加しました。

仕事から帰って、ぱぱっとつくれるレシピばかりなので、どれも参考になります。

※献立のなかでピックアップしてレシピをご紹介するものに「◉」のマークをつけています。

 

〈DAY1/ある土曜日の朝食の献立〉

きくな(春菊)の玉子焼き
チンゲン菜とベビーリーフのサラダ、赤玉ねぎドレッシング
お揚げさんとごぼうの炊き込みご飯
お味噌汁

 

〈DAY2/ある日曜日の昼食の献立〉

チンゲン菜のタコライス
すりおろしきゅうりの大根、にんじん和え

 

〈DAY3/ある月曜日の夕食の献立〉

◉いんげんとアサリのパスタ
◉ごぼうとツナのパセリマヨネーズ和え
きくな(春菊)のポタージュ

〈DAY4/ある火曜日の夕食の献立〉

◯厚揚げのタンドリー風
◉キノコのマリネ
◉ミニトマトのとろろ昆布スープ
◯ごはん

〈DAY5/ある水曜日の夕食の献立〉

◉ズッキーニとマッシュルームのフリット
◉大根の粗つぶしポタージュ
◯いんげんとじゃがいもの粒マスタード和え
◯ごはん