いんげんを蒸し焼きにしてふっくら焼き上げました。そのまま塩を振っただけでもおいしいのですが、今回は海苔バターで仕上げています。
豆っぽい香りがして、香ばしくおいしいです。
おつまみにも、お弁当にも!

材料

いんげん 100g
にんにく 1/2片
白ワイン(もしくは日本酒)大さじ3
焼き海苔 1枚(約3g)
しょうゆ 小さじ1
バター 10g
塩 少々

つくり方

1)いんげんは軸の部分を切り落とし、半分の長さに斜め切りします。にんにく1/2片は輪切りにします。

2)フライパンに油少々(分量外)とにんにくを入れて弱火にかけます。油ににんにくの香りが移ったら、いんげんを入れ、両面を返しながら白ワイン(または日本酒)大さじ2を入れ、蓋をして蒸し焼きにします。

3)焼き海苔をこまかくちぎってボウルに入れます。白ワイン(または日本酒)大さじ1、しょうゆ小さじ1を加えてよく混ぜ、焼き海苔をふやかします。

4)2のいんげんが柔らかくなったら火を止め、バター10gと3の焼き海苔を加えます。余熱でバターを溶かしながら、全体を良く混ぜます。仕上げに塩で味を調えてできあがりです。

レシピを教えてくれたスタッフ

原田 有佳子(本と野菜 OyOy)
おしゃれなレストランでの修行経験もあるが、なぜかおばあちゃんっぽい料理が得意。ずっと「坂ノ途中だより」でレシピを発信したり、お野菜セットの中身、野菜の組み合わせを考えたりしていたけれど、今は京都の新風館というところにある坂ノ途中の店舗「本と野菜・OyOy」で料理をつくっている。