南アジアの食事に欠かせないお漬物、アチャール。
今回はヨーグルトを入れてネパール風に、まったりとした食感に仕上げました。
カレーの添えものや、お酒のおつまみとしてお楽しみください。
下茹でをしたビーツは土っぽさが和らぎ食べやすいですよ。

◆材料
下茹でしたビーツ 120g
※下茹での方法は次の「ビーツの下茹で」にてご紹介しています
ヨーグルト(無糖) 50g
オリーブオイル 小さじ1
クミン 小さじ1
塩 小さじ 1/4
レモン果汁 小さじ1/4

◆ビーツの下茹で
1)ビーツをよく洗います。葉がついている場合は切り落とします。

2)皮付きのまま鍋にいれ、かぶるぐらいの水と少量の酢を入れて火にかけます。

3)沸騰したら弱火にし、差し水をしながら柔らかくなるまで茹でます。茹で上がったら火を止め、茹で汁につけたまま冷まします。
※ビーツ特有の土っぽい香りがこもらないよう、鍋に蓋はしないでください。
※茹で時間はビーツの大きさによって調整してください。目安は30分〜60分。竹串がスッと通る状態になればOKです。

◆つくり方
1)下茹でしたビーツの皮を剥き、5mm幅のいちょう切りにします。

2)フライパンにオリーブオイル、クミンを入れて弱火にかけ、クミンの香りが立ったら火を止めます。

3)ボウルにクミンをオリーブオイルごと入れ、ヨーグルト、塩、レモン汁を加えてよく混ぜます。ビーツを入れて、和えます。

4)密閉できる保存袋に入れて空気を抜きながら袋を閉じ、冷蔵庫で1日ほど漬けます。

レシピを教えてくれたスタッフ


高木 友香(まかないづくり、レシピ作成)
小さい頃から料理好きで、小学生の頃に自分用の包丁を買ってもらった。「料理は時短も大事!」と、いかにスピーディーに料理できるか日々追求している。最近はスパイスにハマっていて、神戸まで買い出しに行くほど。坂ノ途中の「今月のレシピ」では、毎月数種類のレシピを考えている。

 

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら