ビーツ 600g

商品情報

756円(税込)
数量

・栽培基準   栽培期間中、化学合成農薬、化学肥料は原則不使用
坂ノ途中の取り扱い基準についての考え方は、こちらをご確認ください。
・生産地   京都府、鹿児島県など   ※時期によって生産者さんが変わる可能性があります。
・お届け内容   300g×2袋でお届けします   ※葉つきの場合と葉なしの場合があります。

 

商品情報

756円(税込)
数量

・栽培基準   栽培期間中、化学合成農薬、化学肥料は原則不使用
坂ノ途中の取り扱い基準についての考え方は、こちらをご確認ください。
・生産地   京都府、鹿児島県など   ※時期によって生産者さんが変わる可能性があります。
・お届け内容   300g×2袋でお届けします   ※葉つきの場合と葉なしの場合があります。

 

華やかな色合いのビーツ

シンプルに焼いたりゆでたりするだけで甘くておいしい!
華やかな色と味わいのビーツです。
ポテトサラダやポタージュも綺麗なピンク色に仕上がります。
ロシア料理のボルシチも有名ですね。

 

薄くスライスして生でサラダに、じっくりオーブンで焼いて
オリーブオイルと塩だけで食べるのもおすすめです。

ビーツの下処理ポイント

ビーツって調理に手間がかかってしまうイメージがありますよね。(お客さまから、ちらほらお声をいただきます…)

でも下処理は意外と簡単!

スタッフはらだにその方法を聞きました。

 

■ゆでて下処理
1)ビーツをよく洗い、葉と茎を切り落とす。
2)皮付きのまま鍋にいれ、かぶるぐらいの水と少量の酢を入れて火にかける。
沸騰したら弱火にして、差し水をしながら柔らかくなるまでゆでる。
3)ゆであがったら火をとめ、ゆで汁につけたまま冷ます。

※ビーツ特有の土っぽい香りがこもらないよう、鍋に蓋はしません。
※ゆで時間はビーツの大きさによって調整してください。目安は30分〜。
 竹串をさしてスッと入る状態になればOKです。

 

■オーブンで焼いて下処理
1)ビーツをよく洗い、葉と茎を切り落とす。
2)ホイルに包む。200℃のオーブンで30〜40分焼く。

※焼き時間はビーツの大きさによって調整してください。目安は30分〜。
 竹串をさしてスッと入る状態になればOKです。

ビーツのおいしいレシピ

下処理をしたビーツは、さまざまなお料理にお使いいただけます。

きんぴらやポタージュ、サラダなど、いろいろなレシピをこちらでご紹介しています。

試してみてくださいね。

 

■ビーツのレシピ

ビーツのレシピ