フランスの家庭料理、ポトフ。
かぶ、だいこん、ねぎなど、好きな冬野菜をお鍋に詰め込んで、味つけは塩こしょうでシンプルに。
野菜の旨みがスープにしみわたり、深い味わいになります。
仕上げにハーブソルトや塩レモン、マスタードを加えても美味しいですよ。

◆材料(2人分)
好みのお野菜
(今回は、かぶ1個、じゃがいも2個、黄にんじん1/2本、白ねぎ1本、キャベツ1/2個を使っています)
ローリエ 1枚(あれば)
出汁 700ml(今回は昆布だしを使っています)
塩 適量
こしょう 適量
ハーブソルト お好みで
塩レモン お好みで

◆つくり方
1)かぶは茎を少し残して切り落とし、縦2~4等分に切ります。じゃがいもは大きめのひと口大に切り、水にさらして水気を切ります。にんじんは長さ半分に切り、縦2~4等分に切ります。白ねぎは食べやすい長さに切ります。キャベツはくし切りにします。

2)鍋にかぶ、じゃがいも、にんじん、ローリエを入れ、昆布だしを注ぎ入れて火にかけます。

3)沸騰したら弱火にし、白ねぎ、キャベツを加えます。

4)竹串がスッと通るくらい野菜が柔らかくなったら、塩・こしょうで味を調えます。

5)器に盛り、好みでハーブソルトや塩レモンを加えます。