春先、にんにくの若くて柔らかい葉を収穫した葉にんにくを、香味豊かなペーストにしました。
えのきからぬめりが出るので、なめらかな食感に仕上がります。
バゲットに塗れば、ワインがすすむおつまみに。

材料(つくりやすい分量)

葉にんにく 110g(約1袋)
えのき 1袋(正味約180g)
塩 小さじ1/2〜
オリーブオイル 大さじ2
ブラックペッパー お好みで

つくり方

1)葉にんにくは1~2cm幅に切り、茎と葉を分けておきます。えのきも1~2cm幅に切ります。

2)フライパンにオリーブオイルをひき、えのきと葉にんにくの茎の部分を弱火で炒めます。

3)途中で塩を加え、じっくりと火を通します。葉にんにくの葉の部分も加えて軽く炒め、火を止めます。

4)粗熱がとれたらフードプロセッサーまたはミキサーにかけ、ペースト状にします。

 



5)塩気が足りなければ、塩を加えて味を調えます。お好みでブラックペッパーをふってお召し上がりください。

 

レシピを教えてくれた堀内さんより

葉にんにくは風味が強いので、マイルドな味がお好みであれば使う量を減らしてみてください。フードプロセッサーやミキサーなどの器具がなければ、材料を3〜4cmのざく切りにしてソテーするだけでも。そのままパンにのせたり、パスタの具材にしてお召し上がりください。塩の代わりに、醤油や味噌で味を付ければ、和風の味わいに。ごはんにもよく合います。

おすすめの食べかた

バゲットや、ペンネなどのパスタ、じゃがいもと相性ばっちり。
パスタと合わせる場合は、お湯とオリーブオイルでパスタソースを調えます。牛乳や豆乳でのばして、クリームパスタにするのもおすすめ。
じゃがいもは、ふかしてディップしても、混ぜあわせてポテトサラダにしても美味しいですよ。

レシピを教えてくれた スタッフ


堀内 丹賀(まかないづくり、レシピ作成)
畑が身近な環境で育ち、子どものころから野菜も料理もすき。海外でバリスタを経験したり、ヴィーガン料理のお店に勤めてたりして坂ノ途中へ。洋風のごはんやお豆を使ったヴィーガン料理が得意。ファラフェルがだいすき。

 

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら