柑橘の皮の砂糖漬けにチョコレートをコーティングした、フランスのお菓子「オランジェット」。
今回は、ビターなチョコレートに爽やかなレモンを合わせました。
ネーブルやたまみ、いろいろな種類でつくれば、色合いも味わいもさまざま。
旬の柑橘を、皮までまるごと楽しみましょう。

材料(約8枚)

レモン 100g(約1個)※レモンを使いました
砂糖 100g ※お好みで調節してください
ビターチョコレート 50g ※今回はDari Kのチョコレート(カカオ78%)を使いました
  

下準備

オーブンは100度に予熱しておきます。

つくり方

1)レモンはよく洗い、味が染み込みやすくなるよう竹串で軽く刺します(1個あたり30箇所ほど)。縦に半分に切り、5mm程度にスライスします。

2)鍋にレモンとひたひたの水を入れて火にかけます。沸騰したらお湯を捨て、レモンの種を取ります。

3)鍋にレモン、ひたひたの水、砂糖の1/3を入れ、落し蓋をして火にかけます。沸騰したら弱火にし、10分煮て火を止めます。砂糖の1/3を加えて鍋を少し揺らし、そのまま冷まします。

4)冷めたら再び火をかけ、沸騰したら弱火にして10分煮ます。煮汁はのこっていても大丈夫です。もし固いようでしたら、好みの固さになるまで煮てくださいね。砂糖の1/3を加えて、そのまま冷まします。

5)天板にクッキングシートを敷きます。レモンの水気をキッチンペーパーなどで拭き取り、シートの上に並べます。100度に予熱したオーブンに入れて20分焼き、裏返してさらに20分焼きます。バットなどに移し、粗熱をとります(オーブンがない場合は自然乾燥でも。柔らかく仕上がりますよ)。

6)チョコレートソースをつくります。ボウルにチョコレートを入れ、40~50度(手でさわれる熱さ)の湯煎にかけて溶かします。

7)クッキングシートを広げ、レモンの1/3程度(お好みで)にチョコレートをつけて並べます。室内もしくは冷蔵庫に入れて、チョコレートが乾いたらできあがりです。

レモンのほかにも、お好みの柑橘でつくってみてくださいね(下の写真はネーブルです)。

レシピを教えてくれた スタッフ:江藤昭代(出荷)

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら