塩漬けや甘酢漬けが一般的ならっきょうも、 焦げ目がつくまでじっくりと焼けば、ほくほくの食感になって、また違った味わいを楽しめますよ。
今回は「焼きらっきょう」と、さらにたれに漬け込んだ「焼きらっきょうのしょうゆ漬け」のレシピをご紹介します。

お買い物はこちら
豊かな香りとすっきりとした辛み
らっきょう 500g
1,000円 (税込)

焼きらっきょう

材料

らっきょう

つくり方

1)らっきょうはボウルに入れ、たっぷりの水でよく洗います。1片ずつに分けて、薄皮をむきます。ひげ根と茎の部分を切り落とし、水気をよく拭きとります。

2)フライパンに油をしき、らっきょうを並べて弱火にかけます。両面に焼き色がつくまでじっくり焼きます。

3)皿に盛り、塩をふります。

焼きらっきょうのしょうゆ漬け

らっきょうをたれに漬け込むことで、独特の苦みが和らぎます。
ひと晩ほどおいて、たれをしっかりしみこませても美味しいです。

材料

らっきょう 100g
しょうゆ 大さじ4
酒 大さじ2
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
酢 小さじ2
油 適量

つくり方

1)らっきょうはボウルに入れ、たっぷりの水でよく洗います。1片ずつに分けて、薄皮をむきます。ひげ根と茎の部分を切り落とし、水気をよく拭きとります。

2)たれを作ります。小鍋にしょうゆ、酒、砂糖、みりん、酢を入れて、弱火にかけます。10秒ほど煮立たせ、アルコールをとばします。

3)フライパンに油をしき、らっきょうを並べて弱火にかけます。両面に焼き色がつくまでじっくり焼きます。

4)焼いたらっきょうをたれに漬け、10分ほどおきます。

レシピを教えてくれたスタッフ

原田 有佳子(本と野菜 OyOy)
おしゃれなレストランでの修行経験もあるが、なぜかおばあちゃんっぽい料理が得意。ずっと「坂ノ途中だより」でレシピを発信したり、お野菜セットの中身、野菜の組み合わせを考えたりしていたけれど、今は京都の新風館というところにある坂ノ途中の店舗「本と野菜・OyOy」で料理をつくっている。

 

 

お買い物はこちら
豊かな香りとすっきりとした辛み
らっきょう 500g
1,000円 (税込)