「かぼちゃが1玉届くとまず1/4個を定番の煮物にします」と、レシピ担当の高木さん。加える甘みは控えめにして、かぼちゃの味を活かすと、飽きずにたくさん食べられます。出来たてはほっくりとして、翌日はしっかり味が染みて、それぞれの美味しさがあります。煮るときはかぼちゃを鍋いっぱいに敷きつめて、弱火でゆっくり時間をかけると、煮崩れしにくいですよ。

材料(2人分)

かぼちゃ 400〜450g (約1/4個)
昆布 3g
水 300ml
薄口しょうゆ 大さじ1 ※今回は「うすくち醤油 井上こはく」を使用しました
みりん 大さじ1 ※今回は「一子相傳 小笠原味淋」を使用しました

つくりかた(調理時間:約30分)

1)かぼちゃは種とワタを除き、くし切りにしてから食べやすい大きさに切ります。

2)鍋に昆布、水、かぼちゃを入れて中火にかけます。沸騰したら薄口しょうゆ、みりんを入れて弱火にし、蓋をしてかぼちゃが柔らかくなるまで10分ほど煮ます。

3)火を止め、そのまま10分ほどおいてかぼちゃに味を含ませます。

 

10月のレシピ担当


高木 友香(まかないづくり、レシピ作成)
小さい頃から料理好きで、小学生の頃に自分用の包丁を買ってもらった。「料理は時短も大事!」と、いかにスピーディーに料理できるか日々追求している。最近はスパイスにハマっていて、神戸まで買い出しに行くほど。坂ノ途中の「今月のレシピ」では、毎月数種類のレシピを考えている。

 

●写真/日髙 美月

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら