奈良の提携農家〈ひらひら農園〉さんに、つるむらさきのおすすめレシピを教えてもらいました。
今回はさっと昼食でも作りやすいように、まかないスタッフがアレンジ。
ひらひら農園さんは玉ねぎを1個、卵は3つ使われるそうです。
玉ねぎはこれでもか!とくったり煮るのがお好みなんだとか。じっくり煮込んだ玉ねぎは甘みが増して美味しいですよね。

材料(1人分)

つるむらさき 150g(約1束)
オクラ 5本
玉ねぎ(約1/2玉)
卵 1個
うどん 1玉
出汁500ml

つくり方(調理時間:約40分)

1)玉ねぎを薄切りにします。うどんは表示通り茹でておきます。オクラはがくをとっておきます。卵は溶いておきます。

2)鍋に出汁と玉ねぎを入れて、10分ほど弱火で煮込みます。
(ひらひら農園さんは、30分煮込んでじっくり玉ねぎの甘みを出すそうです。)

3)沸騰した湯に塩をひとつまみ入れ、つるむらさきを茎から入れて、さっと茹でます。オクラも1分ほど茹でます。ざるにあげて水を切ります。つるむらさきはあらみじん切りに、オクラは5mm幅の輪切りにします。今回は飾り用もオクラの輪切りを使うので、少しとっておきます。

4)2)に、刻んだつるむらさき、オクラを入れてさっと煮立たせます。うどんを加えて、溶き卵を流し入れます。器に盛り、飾りのオクラを添えます。