梅と砂糖でつくる梅シロップ。スパイスも一緒に漬け込むアレンジも楽しんでみませんか。キリっと爽やかな味わいは夏にぴったりです。

梅しごとの下準備

梅の下準備
1)青梅の場合は、水に2〜3時間浸けてアクを抜きます。
※黄色く熟した梅の場合は、アク抜き不要です。
2)洗って水気をふき取り、ヘタを爪楊枝などで取り除きます。

保存瓶の消毒
よく洗い、熱湯をまわしかけて乾かします。
さらに、アルコールで瓶の内側をふきあげると完璧です。

保存瓶のサイズ目安・選び方のポイント
〇サイズ目安
2Lサイズ…梅酒なら梅500g、梅シロップなら梅500g~800gを漬けるのに最適です。
4Lサイズ…梅酒なら梅1㎏、梅シロップなら梅1.5kgを漬けるのに最適です。

〇ポイント
・材料を出し入れしやすい、口の広いものを使う。
・異物が混入しないように、ふたがしっかり閉まるものを選ぶ。
・漬ける量に対して大きさに余裕のあるものを用意する。大きいものを選んだ方が、材料が混ざりやすく失敗が少なくなります。

材料(2人分)

梅 500g
氷砂糖 250g
きび砂糖 250g
シナモン 1本(スティック)
クローブ 10粒
カルダモン 10個
ローズペタル 大さじ1

つくり方

1)シナモンを手で細かく折り、カルダモンはハサミで切り込みを入れます。

2)保存瓶に梅、砂糖(氷砂糖・きび砂糖)、スパイスの順で交互に入れます。

3)日の当たらない冷暗所に置いて熟成させます。砂糖が溶けきるまでは、1日に数回瓶をゆすって全体を混ぜます。

約1か月後から飲むことができますが、飲みごろは3か月以降。水やソーダで割って楽しみます。

スパイスは1カ月後に取り出してください。
梅の実はも、長く入れたままにしておくと渋みが出てしまうため、シロップに梅の風味が移ったら取り出してください。

◆レシピ考案者 
坂ノ途中アンバサダー @non.food さん
心と身体を整える食と暮らしを発信されている@non.foodさん。
食べると心から健やかになれそうなお料理の数々は、作ること、食べること、食べてもらうことが好きなことが伝わってきて、見ているだけでも癒されます。
スパイス使いも参考になるものばかりなので、チェックしてみてくださいね。

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちらから