ふんわり卵でやさしい味付けのおかずです。
一緒に煮込まず、最後にあんをかけることで、ブロッコリーの歯ごたえと甘さも楽しめます。

材料(2人分)

ブロッコリー 200g(約1/2株)
むき海老 60g
卵 1/2個
塩 少々
片栗粉 小さじ1/2
A 鶏ガラスープの素 大さじ1/2
A 酒 小さじ1
A しょうゆ 小さじ1/2
A 塩 少々
A おろししょうが 小さじ1/4
A 水 200ml
水溶き片栗粉(片栗粉 小さじ2、水 大さじ1)

つくり方(調理時間 : 約15分)

1)ブロッコリーは小さめの小房に分けます。芯は外側の固い皮を包丁で切って除き、ひと口大にきります。塩茹でや鍋蒸しをして火を通し、ザルにあけて水気を切ります。

2)むき海老は1尾を5等分に切り、ボウルに入れます。塩、片栗粉を加えて揉み込み、さっと水で洗い、ペーパータオルで水気を拭きます。別のボウルに卵を割り入れて溶きほぐします。

3)小鍋にAを入れてかるく混ぜ、海老を加えて中火にかけ、沸騰したらアクを取ります。海老に火が通ったら水溶き片栗粉を入れ、とろみをつけます。木べらでゆっくりと混ぜながら卵を流し入れ、卵が固まったら火を止めます。

4)1のブロッコリーを器に盛り、3のあんかけをかけます。

ポイント
水溶き片栗粉でとろみをつけてから卵を入れることで、卵がふんわりときれいに仕上がります。

子どもと一緒に楽しむポイント
海老に火が通ると赤くなる様子や、溶き卵がふんわりと固まる様子は、子どもにとって驚きや発見に。「どんな色になるかな?」「どんな形になるかな?」など声をかけて一緒にみてみてくださいね。

レシピ作成者
坂ノ途中アンバサダー @yokomsd さん
キッズ食育マスタートレーナーとして活躍されている@yokomsdさん。
レシピには子どもと作るときや食育のポイントも書かれているので、
子どもの目線を知ることができてとても参考になります。
食材のことをじっくり観察したり、お料理が楽しくなるコツがたくさん詰まっていますよ。

※こちらは坂ノ途中アンバサダーの方から寄せられたレシピです

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちらから