ブロッコリーの魅力を引き出せる、基本のレシピ。
そのまま食べてもとっても美味しく、和えものなどの下ごしらえにも。
鍋で蒸し焼きすることで、水っぽくなりません。

材料(2人分)

ブロッコリー 400g程度
油 小さじ1
塩 小さじ1/4

つくり方(調理時間 : 約5分)

1) ブロッコリーは小さめの小房に分けます。芯は外側の固い皮を包丁で切って除き、ひと口大にきります。

2) 鍋に水を鍋底から1cm程度入れ、蓋をして中火にかけます。沸騰したら蓋を取り、ブロッコリーの茎の部分を入れ、再び蓋をして30秒ほど加熱します。

3)小房の部分を入れ、塩、油を振り、蓋をします。

4) 芯の部分に竹串がスッと通るまで2〜3分蒸します。途中で1度かき混ぜてください。水分が飛び、焦げそうであれば水を50〜100mlほど足します。

5) ザルにあけ、水分を切ります。残った水分は、おいしいブロッコリーの出汁が出ているので、スープに加えたり、煮物に加えても。塩分が入っているので味付けする前に入れてください。

ポイント
塩をふって下味をつけるとブロッコリーの甘味が引き立ちます。また、みずみずしさを保てるように油を少量加えています。

レシピ作成者
坂ノ途中アンバサダー @yokomsd さん
キッズ食育マスタートレーナーとして活躍されている@yokomsdさん。
レシピには子どもと作るときや食育のポイントも書かれているので、
子どもの目線を知ることができてとても参考になります。
食材のことをじっくり観察したり、お料理が楽しくなるコツがたくさん詰まっていますよ。

※こちらは坂ノ途中アンバサダーの方から寄せられたレシピです

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちらから