10月のお野菜セットでお届けしているマコモダケ。
マコモダケってキノコの仲間?それともタケノコの仲間?
聞きなれない名前に戸惑った方も多かったのでは、と思います。

マコモダケは「マコモ」というイネ科の植物の茎の根元が、
食用菌の「黒穂菌」が住みつくことによって大きくなったもの。
柔らかいタケノコのようなシャキシャキした食感と、
ほんのりと甘い優しい味わいが特徴です。

緑色の皮をむいて生食もできますが、加熱したほうが甘みが増します。
素焼きし、醤油とかつおぶしやお味噌をつけるだけでも美味しいです。
炒めもの、天ぷら、煮物、サラダ、酢の物、漬物など、いろいろなお料理にどうぞ。

皮のむきかたと簡単な食べかた、保存のコツをご紹介します。

 

皮のむきかた


外側の緑色の硬い葉を剥きます


ピーラーや包丁をつかって皮を取り除きます


白い部分が食べられるところです



断面断面の黒い斑点のもとは黒穂菌の色素。
食べていただくには無害で影響はありませんが、
増えてくると食味が落ちてしまいます。
その場合はお早めにお召し上がりください。



おすすめの食べかた
バター炒め
皮をむいたマコモダケを短冊切りに。
フライパンでバターを溶かし、マコモダケを入れて炒めます。
最後にしょうゆをさっと回し入れてできあがり。

こちらのレシピもおすすめです。
マコモダケとパプリカのマリネ

保存のポイント
食味の落ちやすい野菜のため、お早めにお召し上がりください。
保存する場合は、外側の皮をむいてから密閉できる袋に入れ冷蔵庫へ。約1週間保存できます。

マコモダケをお届けするのは9月下旬~11月頃。
秋のお野菜のひとつとして、覚えておいてくださいね。

▽旬の野菜が届く、坂ノ途中の「定期宅配」はこちらから。