西洋ネギ、ポロネギという名前でも知られてる、ネギの仲間。
わたしたちがよく食べている白ネギに比べ、ネギの香りや辛みはまろやかで、とろみはありません。
じっくり煮込んだりオーブンで焼いたりすると、上品な甘みとうまみが引き出されておいしいです!
今回はリーキの甘みのある味わいを感じられるさっぱりマリネをご紹介します。

リーキとモッツァレラチーズのマリネ


 【材料】
リーキ 1本
モッツァレラチーズ1個(100g)
レモン 1個
オリーブオイル 大さじ2
水1/2カップ
ニンニク1片
塩少々

・マリネ液
オリーブオイル 大さじ2
醤油 大さじ1
昆布 2センチ角

【作り方】
①鍋に斜め切りにしたリーキ、オリーブオイル、水、ニンニク、塩を入れ、蓋をして弱火にかける。
 10分くらい火にかけてリーキを蒸し煮にする。
②モッツァレラチーズを一口大に切る。
 レモン半分を絞り、残り半分は輪切りにする。
③絞ったレモン汁大1、オリーブオイル、醤油、昆布を合わせてマリネ液を作る。
 リーキとモッツァレラチーズ、輪切りレモンを漬け込んで1時間以上おく。
 リーキとモッツァレラチーズに味がなじんだらできあがり。

【ポイント】 
リーキをくたっとやわらかくなるまで蒸し煮にした後、レモンを利かせて
さわやかな味わいのマリネにしました。作り置きにも◎

レシピ作成:原田 有佳子(坂ノ途中・生産者窓口)
おしゃれなレストランでの修行経験もあるが、なぜかおばあちゃんっぽい料理が得意。通販のお客さん向け読み物「坂ノ途中だより」でレシピを発信中。畑や農家さんの状況とお客さん目線とを組み合わせて、お野菜セットの中身を調整しているのもこの人です。
>>「スタッフはらだ」の正体


▽旬の野菜が届く、坂ノ途中の「お試しセット」はこちらから。