「スタッフはらだが考えました」レシピ紹介に必ずと言っていいほど登場したフレーズです。でも、はらだってどんな人? どうしたらこんなユニークなレシピを思いつくの? もしかしてお野菜と一緒に寝ているんじゃ……。
今回は、はらだこと原田有佳子のことを、スペースの許す限りお伝えしたいと思います。最近はまっているという味噌玉のレシピも教えてもらいましたよ。

畑とみなさんを美味しくつなぐ

はらだは2015年、東京の直営店舗のスタッフとして坂ノ途中に入社。現在は京都オフィスにて、農家さんの窓口を担当しています。
あれ、レシピを考えるのが仕事なのでは?
実は、はらだはいろんな所に出没するのです。農家さんと連絡を取り合い、ときには畑にもおじゃまする。レシピを発信し、料理教室やイベントには講師や調理担当として出かけていく。
こう書くと、なんでもこなすタフな女性のようですが、実際のはらだはちょっぴりおっちょこちょい。それゆえ社内ではすっかりいじられキャラに……。ですが、愛おしそうにお野菜の話をして、幸せそうに料理をして、美味しそうに食べる姿に、お野菜が好きで仕方がない様子がにじみ出ています。

はらだの発信するレシピは、いつもシンプルなのにユニーク。
「テーマのお野菜を起点に、食材や調理方法を連想ゲームのように思い浮かべていきます。そうすると急に、しかもぼんやりしているときなんかに、ハッとひらめくんです」
さすがにお野菜と一緒に寝ているわけではないようですが、頭の中は常にお野菜のことでいっぱいなんですね。
「坂ノ途中は珍しいお野菜もお届けしていますが、身構える必要はないんです。生でかじる、シンプルに蒸す、で十分美味しい。でも、食べ方に迷ったとき参考になったり、新しい発見になったり……そんなレシピを発信したいと思っています」
皆さまにお届けするお野菜セットの内容を決めているのも、はらだ。収穫予定をもとに、季節感、使い勝手、彩り、ワクワク感……様々な観点で組み合わせを考えています。
「農家さんが大事に育てたお野菜を、美味しく食べてもらうための橋渡しがしたいです。お野菜を食べるとき、畑や農家さんの顔が浮かんだらいいな。レシピにもお野菜セットにも、そう願いを込めています」
農家さんの畑と皆さんを、お野菜で美味しくつなぐ人。それが「スタッフはらだ」です。


◆ごぼうとマッシュルームの味噌玉

1) ごぼう20gと長ねぎ20gを小口切り、生姜1片をみじん切り、マッシュルーム1個を薄切りにして、ごま油少々で炒める。
2) 味噌60gにかつお節5g、もしあれば昆布粉少々を加えて練る。
3) 1と2を合わせ、練りごま少々を加えて混ぜたら、4等分して丸める。
4)すりごま少々をふり、お好みでゆずの皮をのせて味噌玉のできあがり。

日持ちは、冷蔵で約1週間、冷凍だと約1か月。食べるときは熱湯 約150mlで溶かすだけ、と簡単!今回はごぼうとマッシュルームでしたが、乾燥ワカメ、切干大根、ひじき、きな粉やドライトマトなどの乾物、細かく切って炒めた根菜など、混ぜ込むもので変化がつけられて楽しいですよ。ぜひお好みの具材で作ってみてくださいね。

 

 

▽旬の野菜が届く、坂ノ途中の「お試しセット」はこちらから。