石川県能登の伝統野菜、中島菜を練りこんだ「中島菜スパゲッティーニ」を使ったレシピ。
中島菜のもつうまみと、柔らかい焼きなすの甘さがよく合います。レモンの香りが食欲をかき立ててくれる一皿です。

材料

農家のパスタ中島菜スパゲッティーニ 200g
なす 170g(約1本)
にんにく 1片
しょうゆ 大さじ1/2
レモン汁 大さじ2   
塩麹 大さじ1と1/2
粒マスタード 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ3
大葉 3〜4枚

つくり方

1)なすは1.5〜2cm角に切ります。にんにくはみじん切りにします。

2)鍋にたっぷりのお湯をわかします。お湯がわいたら塩大さじ1(分量外)を加え、袋の表示通りに茹でます。

3)そのあいだにソースの準備をします。フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火にかけます。香りが出たらなすを加えます。

4)なすに火が通ったら火を止め、しょうゆ、レモン汁、塩麹、粒マスタードを加えて混ぜ合わせます。

5)茹で上がったパスタは冷水でさっと洗い流し、氷水で締めます。

6)ソースの入ったフライパンにパスタを入れてよく混ぜ合わせ、皿に盛ります。大葉をみじん切りにし、パスタに添えます(今回は千切りにしたレモンの皮も添えました)。

レシピを教えてくれたスタッフ


酒井 麻由(まかないづくり、レシピ作成)
フレンチのレストランで10年以上経験を積んだのち、結婚を機にお野菜のお弁当のケータリングに仕事をシフト。
そこで坂ノ途中を発見し、まかない担当に。坂ノ途中の「今月のレシピ」ではお野菜を使ったレシピを毎月考えている。エスニック系の料理が得意。

 

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら