春を先取りしたような、爽やかな一皿。
ねぎは柔らかくなるまで焼いて、甘みを引き出します。
ソースには2月が旬の柑橘を。
今回は、はっさくを使いましたが、くっきりとした甘酸っぱさで、
とろりとした白ねぎと合わさるとデザートのような軽やかな味わいになります。
(きっとワインにもあうんだろうな。)

材料(2人分)

白ねぎ 1本
柑橘 1/2個(レモン汁でも)
※今回ははっさくを使いました。
ごま油 大さじ1
酢 小さじ1
塩 小さじ1/2

つくりかた

1)白ねぎは5〜6㎝幅に切ります。

2)フライパンにごま油をひき、弱火でじっくりと白ねぎを焼きます。

3)柑橘ソースを作ります。柑橘は皮と薄皮をむき、ザクザクと細かく切ります。ボウルに柑橘を入れて果汁を出すように押しつぶし、酢、塩を加え、混ぜ合わせます。

POINT
青ねぎをソースに混ぜても。彩りがきれいになりますよ。


4)器に白ねぎを盛り、柑橘ソースを添えます。

柑橘ソースは、サラダにかけても美味しいです



●文/山本恵里奈 写真:日髙美月

2月のレシピ担当


酒井 麻由(まかないづくり、本と野菜・OyOy)
フレンチのレストランで10年以上経験を積んだのち、結婚を機にお野菜のお弁当のケータリングに仕事をシフト。
そこで坂ノ途中を発見し、まかない担当に。今では「本と野菜・OyOy」のキッチンスタッフとしても腕をふるっている。エスニック系の料理が得意。

 

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら