縁起を担いだ食材でつくるお煮しめ。
ひとつの鍋で一緒に煮ることから、
「家族が仲良く結ばれますように」との願いが込められています。
金時にんじんを梅形に切り抜くと、より華やかに仕上がります。

◆材料
れんこん 200g(約一節)
ごぼう 150g(約1本)
金時にんじん 200g(約1本)
さといも 300g(約6〜8個)
こんにゃく 1枚
干ししいたけ 4枚
絹さや 1パック
出汁 3カップ
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1
薄口しょうゆ 大さじ2
塩 小さじ1/2

◆下準備
干ししいたけは軽く洗い、かぶるくらいの冷水を注いで、冷蔵庫に半日以上入れて戻します。

◆つくり方
1)れんこんと金時にんじんは1㎝厚さの輪切りに、ごぼうは斜め切りにします。それぞれ10分ほどゆで、ザルにあけます。

2)さといもは皮をむき、竹串がスッと通るくらいまで15~20分ゆでます。

3)こんにゃくは1cm幅に切り、切った断面を上に向けます。中央に2cmほどの切り込みを入れ、片端を切り目にくぐらせてねじります。熱湯で2分ほどゆで、ザルにあけます。

4)鍋に絹さや以外のすべての材料と出汁、調味料を入れ、10~15分ほど煮ます。煮詰まったら火を止め、そのまま味を含ませます。

5)絹さやは盛りつける前にさっとゆで、冷水で色止めをして添えます。

◆保存の目安
密閉容器に入れ、冷蔵庫で約3~4日

レシピ作成:酒井 麻由(まかないづくり、本と野菜・OyOy)
フレンチのレストランで10年以上経験を積んだのち、結婚を機にお野菜のお弁当のケータリングに仕事をシフト。そこで坂ノ途中を発見し、まかない担当に。今では「本と野菜・OyOy」のキッチンスタッフとしても腕をふるっている。ご主人は結婚後、10kg以上太ってしまったらしい。

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら