今年も栗の季節がやってきました。
定番の栗ごはんのレシピをご紹介します。

材料(作りやすい分量)

米 4合
栗(生、皮付き) 500g
酒 大さじ2
塩 小さじ2
黒いりごま(好みで) 適量


つくり方

1)米は研いで、30分ほど浸水させます。

2)栗は熱湯で3分ほど茹でた後、煮汁に浸かった状態でそのまま10分ほどおきます。

3)栗のおしりに包丁の刃元を入れ、少し削り取ります。鬼皮(外側のかたい皮)と渋皮(内側のやわらかい皮)を剥きます。15分ほど水にさらしてアクを抜きます。

4)炊飯器または鍋に米、分量の水、塩を入れて軽くかき混ぜ、栗をのせて炊きます。水かげんはいつも通りで大丈夫です。

5)炊き上がったら酒をふり、10分ほど蒸らします。全体をさっくり混ぜて器に盛り、好みで黒いりごまをふります。


レシピを教えてくれたスタッフ


原田 有佳子(本と野菜・OyOy)
おしゃれなレストランでの修行経験もあるが、なぜかおばあちゃんっぽい料理が得意。ずっと「坂ノ途中だより」でレシピを発信したり、お野菜セットの中身、野菜の組み合わせを考えたりしていたけれど、今は京都の新風館というところにある坂ノ途中の店舗「本と野菜・OyOy」で料理をつくっている。


◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら