◆にんじんの葉っぱのジェノベーゼ

【材料】※約2人前のパスタソースが作れる分量
にんじんの葉(茎は使わない) 正味25g
ニンニク 1片
なたね油(またはこめ油、サラダ油など、クセのない油) 50ml
松の実 25g
エクストラバージンオリーブオイル 約40ml 
塩 

【作り方】
①ニンニクはみじん切り。にんじんの葉は茎から葉を外し、水気を切る。フライパンに松の実を入れ、弱火で乾煎りする。
②フライパンにニンニクとなたね油を入れ、弱火であたためる。香りがでたら火を止めてしっかり冷ます。
③ミキサーに①、②、エクストラバージンオリーブオイルを入れ、なめらかになるまで攪拌する。濃度はエクストラバージンオリーブオイルで調整する。塩で味を調えてできあがり。

◆ポイント
若いにんじんの葉で作ったソースは、柔らかい優しい味わい。
成長したにんじんの葉で作ると、セリ科特有のさわやかな香りが感じられ、そちらもまたおいしいです。
パスタソースとしてだけではなく、じゃがいもやチーズ、パンやグラタン、お肉やお魚にかけて…いろいろな使い方でお楽しみください。
茎の部分は口に残ることもあります。調理するときはお好みで取り除いてくださいね。

レシピ作成:原田 有佳子(坂ノ途中・生産者窓口)
おしゃれなレストランでの修行経験もあるが、なぜかおばあちゃんっぽい料理が得意。通販のお客さん向け読み物「坂ノ途中だより」でレシピを発信中。畑や農家さんの状況とお客さん目線とを組み合わせて、お野菜セットの中身を調整しているのもこの人です。
>>「スタッフはらだ」の正体


▽旬の野菜が届く、坂ノ途中の「お試しセット」はこちらから。