葉物野菜ときのこ、乾物は相性の良い素材。卵でとじて穏やかな味わいの一品を。小松菜とまいたけの組み合わせはもちろん、ほうれん草としめじに代えるなど、いろいろな組み合わせで楽しめます。甘みは控えめにして、だしの風味をしっかりきかせると、素材の味も引き立ちます。小松菜とまいたけの香りと色合い、食感がなくならないよう、さっと煮て仕上げるのもポイントです。

材料(2人分)

小松菜 50g
まいたけ 50g
高野豆腐 2枚
卵 1個
だしパック 1袋
※今回はだしブレンド大さじ1と1/2をお茶パックに入れて使用しました
水 200ml
薄口しょうゆ 大さじ1 ※今回は「うすくち醤油 井上こはく」を使用しました
みりん 大さじ1 ※今回は「一子相傳 小笠原味淋」を使用しました
砂糖 小さじ1


 

下準備

高野豆腐は袋の表示通りに戻しておきます。

つくりかた(調理時間:約15分)

1)鍋に水とだしパックを入れて中火にかけ、5~6分ほど煮出します。火をとめ、だしパックを取り出します。ほかの方法でとった、濃いめのだし汁300mlでも構いません。

2)高野豆腐は2cm角、小松菜は3cm幅に切ります。まいたけは食べやすい大きさに手でさきます。卵は溶いておきます。

3)1)の鍋に薄口しょうゆ、みりん、砂糖を入れて軽く混ぜ、中火にかけます。沸騰したら弱火にし、高野豆腐を加えて蓋をし、5分ほど煮ます。

4)蓋を開け、小松菜、まいたけを加えて軽く混ぜ、蓋をして1分ほどさらに煮ます。

5)蓋を開けて溶き卵を回し入れ、卵が固まるまで中火で煮ます。

 

10月のレシピ担当


高木 友香(まかないづくり、レシピ作成)
小さい頃から料理好きで、小学生の頃に自分用の包丁を買ってもらった。「料理は時短も大事!」と、いかにスピーディーに料理できるか日々追求している。最近はスパイスにハマっていて、神戸まで買い出しに行くほど。坂ノ途中の「今月のレシピ」では、毎月数種類のレシピを考えている。

 

●写真/日髙 美月

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら