優しいだしの味わいが広がるお浸し。
新玉ねぎやレタスは茹でることで甘さを引き立てています。
スナップエンドウや菜の花も一緒に浸してもいいですね。

材料

新玉ねぎ 1個 ※葉つき玉ねぎでも代用できます
レタス 1/2個
だし汁 500ml
薄口しょうゆ 小さじ1
みりん 小さじ1
塩 小さじ1

つくり方

1)鍋にだし汁、薄口しょうゆ、みりん、塩を入れ、ひと煮立ちさせ、器か保存容器に移します。

2)新玉ねぎは2㎝幅のくし切りに、レタスは大きめに手でちぎります。

3)湯を沸かし、レタスをさっとくぐらせ、ザルにあげます。新玉ねぎは半透明になるくらいまで茹で、ザルにあげます(茹で時間はお好みで。シャキっとした食感なら短めに、やわらかい食感なら長めに茹でてください)。

4)新玉ねぎとレタスを1の調味液に浸し、味をなじませます。10分ほどで食べられますが、時間を置くとより味が深まります。

●Photo/Tamami Tsukui

 

レシピを教えてくれた スタッフ


酒井 麻由(まかないづくり、レシピ作成)
フレンチのレストランで10年以上経験を積んだのち、結婚を機にお野菜のお弁当のケータリングに仕事をシフト。
そこで坂ノ途中を発見し、まかない担当に。坂ノ途中の「今月のレシピ」ではお野菜を使ったレシピを毎月考えている。エスニック系の料理が得意。

 

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら