赤や黄色の落ち葉が道端を彩り、ぴゅーっと木枯らしが吹く。一年の終わりが近づき、冬がやってきました。
寒さが厳しい時期ですが、冬は根菜や葉野菜が美味しい季節。ことこと煮ようか、じっくり焼こうか、レシピ担当はお料理する時間が楽しくなります。

旬をむかえ味わい深くなった白菜やきくなは、定番のお鍋だけでなく、いつもと違うお料理にも。かぶやさといもは、じっくりとソテーしたり、蒸したりするだけでも美味しいですが、ひと手間加えるとより楽しめる食卓になります。

今回は2人家族の献立として、まかない担当のまゆさんが、Mサイズのお野菜セットを使って、冬のはじまりを感じられるお野菜のレシピを考えてくれました。

秋に収穫した新米の「焼津のお米 田の息吹」は、どんぶりやおにぎりにして、ごはんがメインになるも献立もつくっています。

みなさんのおうちでも、12月から1月の献立の参考になればうれしいです。

旬のお野菜セット・Mサイズの一例と、焼津のお米 田の息吹 (白米) ※12月上旬〜1月にお届けのお野菜セットの一例としてご紹介しています。旬のお野菜をお届けしていますので、セット内容は収穫時期により変更となります。予めご了承ください。

●旬のお野菜セット・Mサイズ

・きくな(春菊)
・ロメインレタス(赤)
・ミニハクサイ
・アレッタ
・白ネギ
・かぼちゃ
・かぶ
・にんじん
・さといも
・レンコン
・足つきなめこ
・ひらたけ
・温州みかん(おまけ)

●焼津のお米 田の息吹 (白米) 定期宅配がおすすめ!

静岡県・焼津。カツオ漁の漁港としてよく知られる街は、大井川の水流に恵まれ、古くから稲作も盛んな土地。
土と、そして生きものの力で育まれたお米です。
コシヒカリ本来の、みずみずしさと甘み。冷めても美味しく、お弁当やおにぎりにぴったりですよ。 詳しくはこちら≫

今が旬のおすすめ野菜

●きくな(春菊)

葉が細いもの、丸みを帯びたものなど、さまざまな品種があります。独特の香りとほんのりした苦みが魅力。鮮度が落ちやすいので、冷蔵庫の野菜室に入れ、2~3日で使い切るのがおすすめです。冷凍保存する場合は、茹でてから冷凍すると変色しにくくなりますよ。

 

●はくさい

はくさいは、化学合成農薬や化学肥料を使わずに栽培することが、とても難しい野菜だといわれています。葉先が虫に食べられていることもありますが、それもまたじっくり育って甘みがのった証拠です。お鍋をはじめ、炒め物、浅漬けなど、いろいろな料理で楽しんでみてくださいね。

 

●かぶ

​​しっかりと甘みがのったかぶ。小さめのものは、そのサイズをいかして丸ごとポトフや煮炊き物に。半分に切ってじっくりソテーする農家さんおすすめの食べ方も試してみてくださいね。葉つきのまま届いたら、茎(白く丸い部分)と葉を切り分けて保存を。茎はビニール袋に入れ、葉は濡らしたキッチンペーパーで包み、冷蔵庫へ入れてください。

●さといも

火を通すとねっとり感とほくほく感、ほんのりとした甘みを感じられるさといも。実は歴史が古く、日本では縄文時代から人々に親しまれてきました。保存は新聞紙などで包み、冷暗所へ。皮むきは、土を洗い落としてから茹でるか電子レンジで加熱すると、スルッと簡単にできますよ。まれに断面が赤くなることがありますが、ポリフェノールの一種が変色したものなので、安心してお召し上がりください。

 

〈DAY1/ある金曜日の夕食の献立〉
※献立のなかでピックアップしてレシピをご紹介するものに「◉」のマークをつけています。

◉アレッタとじゃがいも、エビの和風グラタン
◉かぼちゃのハニーマスタード和え
・ピーマンのマリネ
・菜っ葉の味噌汁
・ごはん

〈DAY2/ある土曜日の昼食の献立〉

◉きくな(春菊)の焼きおにぎりスープがけ
◉白ねぎとなめこの梅ひじき和え
・大根のお漬物
・ねぎたっぷり卵焼き

〈DAY3/ある日曜日の昼食の献立〉

◉れんこんそぼろの韓国風どんぶり
◉はくさいとニラのキムチ風和えもの
・エリンギのグリル
・わかめスープ

〈DAY4/ある月曜日の夕食の献立〉

◉グルグルグリーンカレー鍋 
◉ロメインレタスのエスニックサラダ

〈DAY5/ある火曜日の夕食の献立〉

◉さといもの唐揚げ
◉人参といんげんのピーナッツバター白和え
・チンゲンサイのおひたし
・切り干し大根とおあげさんの煮物
・かぶとかぶの葉のお味噌汁
・ごはん