じっくりと炊くお粥は、身体に滲みこむ美味しさ。
しょうがや鶏むね肉と一緒に炊くので、
さっぱりとしていながらもコクがあります。

◆材料
チンゲン菜 1株
鶏むね肉 1枚
お米 1カップ
水 10カップ
しょうが 2片
白ねぎ 1/2本
紹興酒(酒でも) 大さじ1
塩 小さじ2弱
ごま油 大さじ2

◆下準備
お米は研いで水気を切り、乾かします。

◆つくり方
1)乾いたお米にごま油と塩をまぶします。しょうがは千切りにします。

2)鍋にお米、鶏むね肉、水、しょうが(半量)、紹興酒、塩を入れて蓋をし、強火にかけます。

3)沸騰したら弱火にし、10分ほどたったら鶏肉を取り出します。さらに30分ほど炊いて火を止めます。鶏肉はほぐしておきます。

4)召し上がるタイミングで、チンゲン菜はさっと塩茹でします。白ねぎは細い千切りにし、白髪ねぎにします。
お椀に盛り、鶏肉、白髪ねぎ、しょうが、チンゲン菜をのせ、ごま油を垂らします。

レシピ作成:酒井 麻由(まかないづくり・本と野菜・OyOy)
フレンチのレストランで10年以上経験を積んだのち、結婚を機にお野菜のお弁当のケータリングに仕事をシフト。そこで坂ノ途中を発見し、まかない担当に。今では「本と野菜・OyOy」のキッチンスタッフとしても腕をふるっている。ご主人は結婚後、10kg以上太ってしまったらしい。

 

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら