チョコレートをサラミに見立てた、北イタリアの伝統菓子。
つくり方は簡単! 溶かしたチョコレートに材料を混ぜ合わせて固めるだけ。
ザクザクとしたクッキーやナッツ、
ドライフルーツなどいろいろな食感や味を楽しめます。
白ワインビネガーを使い、ちょっとだけ大人の味わいに仕上げました。

◆材料(直径約4cm×8cm)
チョコレート 50g
おこめちゃんクッキー 30g
カシューナッツ 35g
牛乳(豆乳でも) 20ml
ドライフルーツ 15g
※今回はすももを使用しました
白ワインビネガー(白ワインでも) 20g
ココアパウダー 適量

◆前日準備
ドライフルーツは白ワインビネガーに漬けておきます。

◆つくり方
1) ドライフルーツを細かく刻みます。クッキーとカシューナッツはそれぞれ袋に入れ、めん棒で叩き粗く砕きます。

2) ボウルにクッキーと牛乳を入れ、軽く混ぜ合わせます。


3) ボウルにチョコレートを入れ、40~50度(手で触れる熱さ)の湯煎にかけて溶かします。

4) 溶かしたチョコに、クッキー、牛乳、カシューナッツ、ドライフルーツを加え、混ぜ合わせます。


5) ラップを2枚重ねて広げ、生地をのせます。


6) ラップの両端をきっちりと閉じ、直径4cmくらいの筒状にまとめたら、冷凍庫で1時間ほど冷やします。


7) チョコレートが固まったらラップを外してココアパウダーをまぶし、好みの厚さに切ります。


◆保存の目安
密閉容器に入れ、冷蔵庫で約1週間。
※目安期間のため、調理後はお早めにお召し上がりください。

◆ポイント
ザクザクとした食感を楽しむために、
クッキーやカシューナッツは粗めに砕いてくださいね。
空気が入らないよう軽く押しながら包んでいくと、きれいに筒状にまとめられます。

♦︎レシピ作成:江藤昭代(出荷・まかない)
チョコレートサラミ、見た目はおしゃれですが、実は手軽に作れるお菓子なんです。
失敗することも少なく、安心して作っていただけます。
できあがってからすぐに食べることができますが、おすすめは全体的に味がなじむ3日後くらい。
ほろ苦さが、コーヒーともよく合いますよ。