先日、京都のフレンチ・ビストロ「ikariya523」にて、坂ノ途中とのスペシャルコラボイベントが開催されました。
坂ノ途中のお野菜を使った、15品の特別メニュー。試作には坂ノ途中スタッフも参加し、私たちの意見も取り入れながらメニューづくりをしていただきました。
延川シェフが特別に、このメニューの中から、ご家庭でもできるお野菜料理4つのレシピを教えてくれました!

最後のよっつめは、ビーツのヴィネグレット。ヴィネグレットとは、フランス語でドレッシングのこと。
イベントではお肉料理のソースとして使われましたが、もちろんサラダのドレッシングとしても使えます!お試しください。

【材料】
・ビーツ 1個
・赤ワインビネガー 70ml
・エシャロット(赤玉ねぎでもOK) 20g
・粒マスタード 大さじ1
・EXオリーブオイル 30ml
・塩少々

【作り方】
①ビーツを丸のままボイルする。もしくはアルミホイルで包みオーブンで焼く(竹串がスーッと入るようになればOK)。
②①の粗熱が取れたら1cm角にカットする。
③ボウルに1cm角のビーツ、赤ワインビネガー、みじん切りにしたエシャロット、粒マスタード、EX オリーブオイルを入れて和える。味を調える。
④一晩冷蔵庫に入れ味をなじませる。
※サラダのドレッシングとして使用する場合は『赤ワインビネガー』と『粒マスタード』 『EX オリーブオイル』の量を少しずつ増やしてください。

 

▽旬の野菜が届く、坂ノ途中の「お試しセット」はこちらから。