定番のきんぴらを、少し変わり種のビーツで作りました。
ビーツは下処理をせずに使うので簡単にできますよ。
鮮やかな色味がきれいな一品です。

材料

ビーツ 100g
にんじん 200g
にんにく 1片
ごま油 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
酢 大さじ1
白いりごま 少々

つくり方

1)にんじん、ビーツは皮をむき、3~4㎝の千切りにします。ニンニクはみじん切りにします。

2)フライパンにごま油、にんにくを入れ、中火にかけます。香りがでたらビーツ、にんじんを加えて炒めます。

3)全体に火が通ったら、みりん、しょうゆ、酢を加え、絡ませながら炒めます。汁気がなくなったら、バットもしくは平らな皿などにあけ、粗熱をとります。

4)器に盛り、白いりごまをふります。

◆お客さまの声
坂ノ途中アンバサダーの @o_bent_o さんがこちらのレシピを元に、作ってくださいました!

下処理なしでOKなので、お手軽。茹でたビーツとはまた違った印象で楽しめました。

レシピを教えてくれたスタッフ

原田 有佳子(本と野菜 OyOy)
おしゃれなレストランでの修行経験もあるが、なぜかおばあちゃんっぽい料理が得意。ずっと「坂ノ途中だより」でレシピを発信したり、お野菜セットの中身、野菜の組み合わせを考えたりしていたけれど、今は京都の新風館というところにある坂ノ途中の店舗「本と野菜・OyOy」で料理をつくっている。