豆が大きくなる前のさやを食べる「絹さや」、さやも豆も食べる「スナップエンドウ」、
豆だけを食べる「実えんどう」や「そら豆」と、いろいろな豆野菜が順番に旬を迎えます。

絹さややスナップエンドウは、今まさに生長中!という時に収穫するので、呼吸をたくさんしています。
見た目はあまり変わりませんが、すぐに味が落ちてしまうので、早めに食べるようにしてくださいね。
 

♦焼き豆とレタスのしょうがオイル和え


【材料】
豆野菜(今回は絹さやとスナップエンドウを使いました) 100g
レタス 100g
しょうが 5g
油 大さじ1
砂糖 小さじ1
酢 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
塩 少々

【作り方】
①豆野菜の筋を取る。
※豆野菜は何でもOK! そら豆やいんげんでもおいしいです。
②フライパンに油をひかずに、豆を並べる。蓋をして、弱火で5分ほど蒸し焼きにする。
③お好みのレタスを一口大にちぎり、水にさらしてシャキっとさせた後、水気を切る。
④しょうがオイルを作る。
 小鍋にしょうがのみじん切りと油を入れて弱火にかける。
 しょうがの香りが出たら、砂糖、酢、しょうゆを加える。
※油は、なたねサラダ油やこめ油、太白ごま油などクセの少ないものが合います。
⑤ボウルに焼いた豆野菜とレタスを入れる。
 熱したしょうがオイルを一気に加え、全体をよく和える。塩で味を調えてできあがり。

【ポイント】
豆野菜とレタスをたっぷり使った、ほんのり温かいサラダです。
豆野菜は蒸し焼きにすることで、水分がほどよく飛んで味が凝縮します。
焼くことで香ばしさも加わっておいしいですよ!お試しくださいね。

レシピ作成:原田 有佳子(坂ノ途中・生産者窓口)
おしゃれなレストランでの修行経験もあるが、なぜかおばあちゃんっぽい料理が得意。通販のお客さん向け読み物「坂ノ途中だより」でレシピを発信中。畑や農家さんの状況とお客さん目線とを組み合わせて、お野菜セットの中身を調整しているのもこの人です。
>>「スタッフはらだ」の正体


▽旬の野菜が届く、坂ノ途中の「お試しセット」はこちらから。