たけのこのシーズンになると1度は作りたくなるたけのこごはん。
ピクニックのおにぎりなどにもおすすめですよ。

もちもちたけのこご飯


【材料】
あく抜きしたたけのこ 200g
うるち米 1.5合
もち米 0.5合
油あげ 1/2枚
薄口醤油 小さじ2
塩 小さじ1/2
酒 大さじ1

※たけのこのあく抜き方法はこちらから

【作り方】
①うるち米ともち米をあわせて研いで、30分ほどザルにあげておく。
 ※もち米がなければ、うるち米2合でも作れます。その場合は、研いで30分ほど浸水させてからザルにあげて水気を切ります。お米の浸水方法が美味しく作るコツです。詳しくは文末の【ポイント】をご覧ください。
②あく抜きしたたけのこを、先端に近く柔らかい穂先、ほどよい歯ごたえのある中央部、繊維が多くて固い根元に分ける。穂先と中央部は繊維に沿ってくし切り、根元はいちょう切りに。
③炊飯器または鍋に①の米と薄口醤油、塩、酒を入れた後、だし汁を入れて軽くかき混ぜる。水加減は通常通り。たけのこと、粗みじん切りにした油あげをのせて普通に炊く。
④炊き上がったら10分ほど蒸らしてから、全体をさっくり混ぜる。茶碗に盛り、ご用意があれば木の芽を飾ってできあがり。

【ポイント】
 もち米はうるち米よりも吸水率が高いので、研いだらザルにあげて、必要以上に水分を吸収しないようにします(この間も、お米は表面についた水は吸収しています)。そのあと調味料やだし汁を加えて炊くと、美味しく仕上がります。
 うるち米のみで作る場合は、水に浸してから、炊く直前にザルにあげて、調味料やだし汁を加えます。調味料の塩分が含まれた水は、お米にはしみこみにくいので、先にお米を浸水させて、それから味付けをしてくださいね。
※今回のような「炊く(炊きおこわ)」ではなくて「蒸す(蒸しおこわ)」場合は、火の通し方が違うので、浸水方法は異なります。

レシピ作成:原田 有佳子(坂ノ途中・生産者窓口)
おしゃれなレストランでの修行経験もあるが、なぜかおばあちゃんっぽい料理が得意。通販のお客さん向け読み物「坂ノ途中だより」でレシピを発信中。畑や農家さんの状況とお客さん目線とを組み合わせて、お野菜セットの中身を調整しているのもこの人です。
>>「スタッフはらだ」の正体


▽旬の野菜が届く、坂ノ途中の「お試しセット」はこちらから。