「摘果のみかん」を使った、見た目もさわやかなシロップや、ぽん酢、ドレッシングのレシピです。
秋〜冬に収穫を迎えるみかんがよりおいしくなるよう、みかん農家は夏に間引き作業をします。この間引きによって採れた小さな実(摘果)、見た目はすだちにそっくりですが、食べて見るとすでにしっかりみかんの味です。


青みかんシロップ


材料
青みかん 1㎏
氷砂糖 800g
はちみつ 100g

保存瓶の消毒
・保存瓶をよく洗う。熱湯をまわしかけ、乾かす。
※さらに、アルコールで瓶の内側をふきあげると完璧。
※保存瓶は2L以上のものを準備する。

作り方
1) 青みかんは洗って水けをふき取る。両端を切り落として横半分に切る。
2) 青みかんと氷砂糖を交互に入れる。いちばん上が氷砂糖になるように。最後にはちみつを入れる。
3) 1日に数回、瓶をゆすって氷砂糖を溶かす。時々上下を返して混ぜる。
氷砂糖が溶けたら冷蔵庫の中で保存する。約1週間後が飲み頃。

手作りぽん酢

材料
醤油 200ml
青みかん果汁 100ml
米酢 80ml
みりん 20ml
昆布 2㎝角1枚
かつおぶし(お茶パックに入れる) 3g(小袋約1パック)

作り方
1) 小鍋にすべての材料を入れて弱火にかける。
2) 沸騰直前で火を止め、そのまま冷ます。
※使い方:焼き魚や冷ややっこ、和風サラダに。冷しゃぶにもおすすめです。

ドレッシング

材料
青みかん果汁 大さじ1
オリーブオイル 大さじ3~4
塩 少々
胡椒少々

作り方
1) 蓋つきの容器にすべての材料を入れる。
2) 蓋をしめ、上下によくふって混ぜ合わせる。