氷水につけると、こんにゃくに独特の食感が生まれます。
こんにゃくの歯ざわりと、きくなのほろ苦い味わいを楽しみましょう。

◆材料
きくな(春菊) 100g
こんにゃく 150g
しょうゆ 小さじ1
砂糖 小さじ1
レモン汁 少々
ごま油


◆つくり方
1)こんにゃくは両面に格子状に切れ込みを入れ、一口大に切ります。氷水に2時間ほどさらし、水気を切ります。

2)ボウルにごま油大さじ1、しょうゆ、砂糖、塩少々を混ぜ合わせ、こんにゃくを加えてしばらくおきます。

3)きくなは葉を摘んで冷水にさらします。水気をよく切り、一口大にちぎります。

4)別のボウルにきくなを入れ、ごま油少々、塩少々、レモン汁を加え、全体をやさしくあえます。

5)器にきくなを盛り、こんにゃくを飾ります。

レシピ作成:原田 有佳子(oyoy)
おしゃれなレストランでの修行経験もあるが、なぜかおばあちゃんっぽい料理が得意。ずっと「坂ノ途中だより」でレシピを発信したり、お野菜セットの中身、野菜の組み合わせを考えたりしていたけれど、今は京都の新風館というところにある坂ノ途中の店舗「本と野菜・OyOy」で料理をつくっている。

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら