甘みがぎゅっと詰まった旬のとうもろこし。そのまま蒸したり、焼いて食べるのも美味しいですが、気分を変えたいときにはこのレシピを。とうもろこしをたっぷり使っているので、風味もプチプチした食感もしっかり楽しめます。チーズはとけるタイプの中でも、できれば味の濃いチェダーチーズを。片手で気軽につまめて、映画鑑賞のお供にもぴったりです。

材料(2人分)


とうもろこし 正味100~120g(約1本)
卵(Lサイズ)1/2個(約30g)
片栗粉 40g
小麦粉 10g
塩 小さじ1/2
冷水 大さじ1
ローズマリー(乾燥) 小さじ1
チェダーチーズ(スライス) 2枚
油 大さじ1

つくりかた(調理時間:約20分)


1)とうもろこしはひげを切り落とし、薄い皮を1〜2枚残して外側の皮を剥きます。沸騰した湯に入れ、3~5分茹でます。粗熱が取れたら残りの皮も剥いて実を外し、粒の状態にします。

2)ボウルに卵を溶きほぐし、片栗粉、小麦粉、塩を入れ、菜箸で混ぜます。粉っぽさがなくなったらとうもろこし、冷水、ローズマリーを加えて軽く混ぜ合わせます。混ぜすぎると食感が重くなるので、軽く混ぜるのがポイントです。

3)フライパンに油をひいて中火にかけ、温まったら生地の1/2を丸い形になるよう流し入れます。片面を4分焼いたらひっくり返し、もう片面も4分焼きます。皿に移し、チェダーチーズを1枚のせ、余熱でとかします。

4)残りの生地も同様に焼き、チェダーチーズをのせます。



ホームページでは、他にもおつまみにぴったりなレシピをご紹介しています!
よかったら、のぞいてみてくださいね。
おつまみレシピはこちら>>


6月のレシピ担当


高木 友香(まかないづくり、レシピ作成)
小さい頃から料理好きで、小学生の頃に自分用の包丁を買ってもらった。「料理は時短も大事!」と、いかにスピーディーに料理できるか日々追求している。最近はスパイスにハマっていて、神戸まで買い出しに行くほど。坂ノ途中の「今月のレシピ」では、毎月数種類のレシピを考えている。

 

●写真/日髙 美月

 

 

◆坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちら