なかなか出会えない珍しいコーヒー
今月のコーヒーのテーマ vol.3(2021年1月)より

中国の内陸部、ミャンマーとの国境近くに位置する雲南省 プーアルからやってきたコーヒーです。

中国は人口の9 割を漢民族が占めていますが、雲南省プーアル市には、さまざまな少数民族が暮らしています。豊かな自然が残るこの地域はお茶の産地として有名ですが、中国最大のコーヒー産地でもあります。実に国内生産量の9 割以上がプーアル産。新しい産地として、世界からの注目度が高まっています。

そのなかで海ノ向こうコーヒーがお届けするのは、標高1800m~2000m という高い場所で育った希少なものです。山の中にはすももや桜、お茶なども植えられていて、花の季節には、桃源郷のような美しい景色が広がります。

雲南のコーヒーの特徴は、ブランデーのような芳醇で個性的な香味。独自の発酵プロセスによって生まれる独特の香りに、やみつきになる方も多いです。焙煎度は浅めで、苦味は少なく「お茶のように軽やか」と言われることもしばしば。これまでのコーヒーのイメージが覆されるかもしれません。和菓子との相性が良いのも面白いところです。いつもとちょっと違うコーヒー体験をお楽しみください。

焙煎士・なおさんより


焙煎度:中浅煎り
苦味:●○○○
酸味:●●○○
風味:ブランデー、桃シロップ

 

中国・雲南、偶然から生まれた個性的なコーヒー
中国の内陸部、雲南のコーヒーの特徴は、なんといってもその独特な香り。実はこの個性は、ある偶然から生まれました
詳細はこちら>>

 

産地を旅するコーヒー定期便

美味しさや品質を重視するのはもちろんですが、環境や産地(地域コミュニティ)に配慮したコーヒー豆を取り扱っていることが伝わるよう、みなさまにお届けしたいストーリーを詰め込んだリーフレットも同封しています。「過去にどんなコーヒーがあったのか気になる」という声にお応えして、これまでの内容をご紹介していきます。これまで続けてくださっているみなさんも、こんなコーヒーがあったなと思い出していただけると嬉しいです。

▼月に1度おすすめのコーヒーが届く定期便の詳細はこちら