雲南の桃源郷コーヒー 150g

商品情報

種類
900円(税別)
数量

種類を選ぶ

900円(税別)
数量
900円(税別)
数量

熟した桃のような甘さと、果実酒のような芳醇な香り

経済発展著しい中国の中で、多様な文化や豊かな自然を求め、たくさんの人が訪れる雲南省。
実際にコーヒー産地を訪れてみると、そこには色とりどりの花が咲き、スモモの果物がなる、まるで桃源郷のような場所でした。
このコーヒーの特徴は、熟した桃のような甘さと、果実酒のような芳醇な香り。
豊かな森を守りながら、美味しいコーヒーを作る農家さんたちを応援したいという想いを込め、「雲南の桃源郷コーヒー」という名前を付けました。

 

【生産地】中国 雲南省 プーアル市 (標高1800~2050m)
【内容量】150g

【精製】ナチュラル
【焙煎】ハイロースト(中浅煎り)
【品種】アラビカ種

【栽培】農薬化学肥料不使用

【パッケージ】コーヒーが植えられている南嶺山の山奥、桃源郷のような風景の中を鶏の原種が飛んでいるのが印象的だったという産地担当の言葉からイメージを膨らませて表現しました。

雲南省の自然のための、国を超えた産官学連携

自然が多く残る雲南省。プーアル市は行政としても森林保全に努めようという方針で色々な施策を行なっています。
そんなプーアル市と現地の大学、そして日本の大学と坂ノ途中が力を合わせ、環境保護のために国境を越えて産官学連携事業として何かできないかというところから、この地域との繋がりが始まりました。

少数民族の人たちの、安定した収入に

雲南省のプーアル市は少数民族がたくさん住む地域。
中国国内のコーヒー生産量の9割以上が雲南省で作られていますが、そのほとんどはコモディティ(スペシャルティではないコーヒー)ランクの商品として出荷されています。
市場価格の影響をダイレクトに受けるため、例えば他の大きな産地で豊作だったりした年には買取価格もガクッと落ち、必ずしも安定した収入とは言えません。
私たちは、少数民族がプーアルという地に根差し、昔ながらの伝統的な生活を守るための手段として、スペシャルティコーヒーがあると考えています。
そしてそれが世界に認められ、適正な評価を受けた価格で取引されることを目指し、活動を行なっています。

雲南ならではのコーヒーとは。「ゼブラコーヒー」の挑戦

今回お届けする「雲南の桃源郷コーヒー」は、彼らの農園の中でもナンリン山の1800m〜2050mの、スペシャルティコーヒー専用の特別な畑からとれた豆です。
また海ノ向こうコーヒーの現地パートナーである「ゼブラコーヒー」の曹(ソウ)さんは、台湾からこの地に移住し、年間70パターン以上の実験を重ね、この土地にあった品種や精製方法を模索しています。そして見つけたのは、プーアル茶の製法を生かした「ダブルファーメンテーション」と呼ばれる製法。コーヒーチェリーの状態であえて二回発酵させることで、コーヒーチェリー本来の風味をひきたたせる製法によって、個性的な風味に仕上がっています。

「豆」を購入いただき、
ご自宅で挽いていただくのをオススメしています。

できるだけ美味しい状態で飲んでいただきたいので、海ノ向こうコーヒーでは豆のままでご購入いただき、ご自宅で挽いてから淹れていただくのをオススメしています。
挽いてしまうと、そこからコーヒーの鮮度は急速に落ちてしまいます。その都度挽いていただくのが一番美味しいお召し上がり方です。ミルをお持ちの方はぜひ、豆の方をご購入ください。
 
※一方で、できるだけたくさんの方に飲んでいただきたいという思いで、「粉」もご用意しております。