なかなか出会えない珍しいコーヒー
今月のコーヒーのテーマ vol.3(2021年1月)より

タンザニア西部、タンガニーカ湖を有するキゴマ地方。ここには、絶滅危惧種であるチンパンジーが生息しています。

野生動物保護活動家で、霊長類学者のジェーン・グドールさんの研究所が始めたのが、コーヒーの生産を通じてこの地域のチンパンジーを保護するプロジェクト。自然保護区の周辺には、コーヒーを栽培する農家さんたちがいました。しかしその収入は不安定で、現金収入を得るために森林を伐採することも。そこでグドールさんたちは、栽培技術の指導や、商品の販売手法の指導などを通して、サステナブルなコーヒー栽培による農家さんたちの収入の安定化を推進し、保護区の森林伐採防止に取り組んでいます。また、コーヒーの売上の一部は野生動物保護活動にも活用しています。

そして、このコーヒーは「ピーベリー」という希少な豆。本来コーヒー豆は、一つの果実のなかに2 粒入っていますが、稀に1粒しか入っていないことがあります。エンドウ豆のような形をしていることからピーベリーと呼ばれます。ひとつずつ目視で選別しなければならないため、一般的なコーヒーより高値で取引されます。

このコーヒーは、タンザニアらしいグレープフルーツのような爽やかな酸味が特徴。豆でご注文された方は、そのコロンと丸い形にもご注目ください。

焙煎士・なおさんより


焙煎度:中深煎り
苦味:●●●○
酸味:●●●○
風味:グレープフルーツ、リンゴ

 

中国・雲南、偶然から生まれた個性的なコーヒー
中国の内陸部、雲南のコーヒーの特徴は、なんといってもその独特な香り。実はこの個性は、ある偶然から生まれました
詳細はこちら>>

 

産地を旅するコーヒー定期便

美味しさや品質を重視するのはもちろんですが、環境や産地(地域コミュニティ)に配慮したコーヒー豆を取り扱っていることが伝わるよう、みなさまにお届けしたいストーリーを詰め込んだリーフレットも同封しています。「過去にどんなコーヒーがあったのか気になる」という声にお応えして、これまでの内容をご紹介していきます。これまで続けてくださっているみなさんも、こんなコーヒーがあったなと思い出していただけると嬉しいです。

▼月に1度おすすめのコーヒーが届く定期便の詳細はこちら