「暑い! きょうは家にこもる!」
そう決めた、夏の休日の朝。
カレーを仕込んで、音楽を聴きながらチャパティを焼くことにしました。

カレーにはてってのスパイスパウダーを。
配合が難しいスパイスカレーも、このパウダーがあれば大丈夫。
コリアンダー・クミン・ジンジャー・ターメリックとシンプルな材料だけれど、奥深い味わいのカレーが作れます。
入れるお野菜や火加減で味が変わるのも楽しい。重宝しています。

この日はナスやズッキーニ、オクラなど、夏野菜をたっぷり入れました。
台所に漂うスパイスの香りに心が弾みます。

チャパティは、インドやパキスタンでカレーと一緒に食べられている、薄焼きのパンです。
作り方は簡単。材料を捏ねて寝かせ、フライパンで焼くだけです。
音楽をかけながら、全粒粉、水、塩、油を混ぜあわせて捏ねて、30分ほど寝かせます。
このちょっとした待ち時間が、なんだかとても好きです。
エッセイをひとつ読もう。
植物を植え替えようかな。
冷蔵庫のなかも掃除したいな。
買ったばかりのウクレレの練習もいい。

さて、30分たったら生地をのばしてフライパンで焼きます。ぷくぷくと膨れてきて愛おしい。
仕上げに少し直火で焼くのがポイント。香ばしさが増すんです。

できあがったチャパティはほんのり甘くて香ばしくて、カレーがどんどんすすみます。

食後にはアイスチャイを。

マサラチャイミックスを使って作ります。
煮出しているとスパイスの良い香りが台所にふんわり漂います。牛乳と氷を入れてできあがり。

実はインドにいったことのない私。
ちょちょいのちょいっと積み上げられたチャパティの写真を、インドを旅した友人がみせてくれました。

直火焼き、美味しそう!

カレーとチャパティとアイスチャイ。
音楽聞きながら煮込んで、捏ねて、インドの食卓を想像して。
少しだけ旅をした気分になりました。

 

山本恵里奈
お客さま窓口担当。レシピの編集なども。
趣味は山あるき。山でもお野菜を使った料理を楽しんでいる。
好きな野菜は焼きオクラ。「焼きオクラで一杯やりながらの夏のクッキング時間は最高」