爽やかですっきりとした味わいが魅力の急冷式アイスコーヒー。暑い季節に、ひとときの涼をもたらしてくれます。今回は、カフェや焙煎所で10年以上務めた経験のある焙煎士 まささん直伝、急冷式アイスコーヒーのおいしい淹れ方をご紹介します!

*急冷式アイスコーヒーとは?
熱いコーヒーを氷などで急速に冷やしたコーヒーのこと。今回は、氷がたっぷり入ったグラスに、ハンドドリップで抽出した熱々のコーヒーを注いでつくります。

用意するもの(グラス1杯分200ml)

  • コーヒーの粉 20g ※今回は夏のアイスコーヒーブレンド(中細挽き)を使いました
  • コーヒーサーバー
  • ドリッパー ※今回はHARIOのV60透過ドリッパー02を使いました
  • ペーパーフィルター ※今回はHARIOのV60用ペーパーフィルターを使いました
  • グラス
  • お湯 120ml(蒸らし分を除く)
  • 氷 80g(グラス用は除く)

淹れ方

1)氷を入れたコーヒーサーバーの上にドリッパーとペーパーフィルターをセットして、コーヒーの粉を入れます。ドリッパーをゆすって、粉の表面を平らにならします。

2)コーヒーの粉がまんべんなく濡れるくらい少量のお湯(分量外)を注ぎ、30~35秒蒸らします。

POINT

30秒以上しっかり蒸らすことで、甘味も出やすくなります。


3)ドリッパーの真ん中に「の」の字を書くように、お湯50ml程度を30秒かけてゆっくり注ぎます。

POINT

お湯を注ぐスピードが速いと、抽出されるコーヒーの濃度が低くなってしまうので、ゆっくり注ぐようにしましょう。パキパキっと割れる氷の音にも耳をすませてみてください。 

4)残りのお湯70~80ml程度を1分かけてゆっくり注ぎます。

5)すべてのお湯が落ちきる前に、ドリッパーを外します。

6)スプーンで2~3回かき混ぜて、味を均一に整えます。

7)氷の入ったグラスにコーヒーを注ぎます。
(コーヒーサーバーに入れていた氷はお好みで取り除いてもかまいません。)

8)完成です! 爽やかな風味をお楽しみください。