コーヒー4種飲み比べセット
4種のコーヒーを50gずつセットにしました。
各コーヒーの説明書と海ノ向こうコーヒーのパンフレット付き。
この商品のみご購入の方にはネコポスでお届けします。
4つを飲み比べて、お好みのコーヒーを見付けてください。

商品情報

種類
1,200円(税別)
数量

種類を選ぶ

種類
1,200円(税別)
数量

海ノ向こうコーヒーとっておきの4種を詰め合わせました

海ノ向こうコーヒーの4つのコーヒーを少量ずつセットにしました。
ラオスのティピカコーヒー」「ミャンマーの庭先コーヒー」「雲南の桃源郷コーヒー 」「バリの湧水コーヒー」の4種類のコーヒーを少量ずつお試しいただけるセット商品です。

いろいろな産地からやってきた、特徴の異なる4種のコーヒー。飲み比べして好みの味わいを探してみてくださいね。

【セット内容】

ラオスのティピカコーヒー 50g

ミャンマーの庭先コーヒー 50g
雲南の桃源郷コーヒー 50g
バリの湧水コーヒー 50g

ラオスのティピカコーヒー

ミルクチョコレートのようなやさしい甘みとほろ苦さが特徴のコーヒーです。
余韻にほんのりとオレンジのような果実感を楽しみいただけるブラックもいいですし、甘みひきたつカフェオレもおすすめです。
ラオス南部ボラベン高原の肥沃な大地で育まれ、セットコット村の人々が大切に守り育てた、希少なティピカ種です。

ミャンマーの庭先コーヒー

口当たりのよいハチミツのような甘みと、青リンゴのようなフルーティさが特徴です。⼟壌の豊かなミャンマーシャン州ユアンガン地域。そこでは、農家さんが自宅の小さな庭で多様な果樹とともにコーヒーを育てています。小規模な農家さんが多いですが、品質は確か。試行錯誤を重ねる中で、ハニープロセスとよばれる精製方法を選びました。

▶単品購入はこちらから

雲南の桃源郷コーヒー

豆を挽くと、桃のような甘い香りがふわっと広がるこのコーヒー。色とりどりの花が咲く、まるで桃源郷のような中国雲南省南嶺から。 現地の伝統的なプーアル茶の発酵方法を応用した精製によって、コーヒーチェリー本来の甘みや香りを引き出しています。初めて飲んだときこんな味わいのコーヒーがアジアにもあるんだ、と驚きました。

▶単品購入はこちらから

バリの湧水コーヒー

インドネシアのバリ島、コーヒーの主要産地キンタマーニから少し離れたプラガにあるボン村。
現地で聖なる山と呼ばれるチャトゥール山のふもとから湧き出る綺麗な水で精製したコーヒー豆です。
柑橘系の酸味とカシューナッツのようなほのかな甘み、そしてすっきりとした後味が特徴です。

▶単品購入はこちらから