定期宅配をオススメしています。

野菜は生き物。そのブレを楽しむ暮らしを。

坂ノ途中で仕事をしていてつくづく思うのは、食べ物は生き物だということ。
生き物なので当然個性があります。
たとえば小松菜、姿を見ただけで育てた農家さんがわかります。
ピーマンにしても、夏はすくすく育っているので瑞々しくてジューシー。
秋はゆっくり生長するから果肉に厚みがあり、
じっくり火を通すとしみじみとした美味しさを感じられます。
そして、お野菜は、いくら丁寧に育てていても、どんな農家さんが育てたとしても、
たとえば長雨がつづいた後は水っぽく、美味しさはいつものようには感じられません。
お客さんにも、こういった季節の変化や野菜の個性を感じてほしい、
ブレを、楽しんでもらいたいと思っています。
万願寺とうがらしが肉厚になってきたら、
「あぁ、今年の夏も終わりだな」と感じてもらいたいし、
2月のダイコンにス(中身にすき間や穴が空いてスポンジ状になっている状態)が入っていたら
冬が終わるサイン、
「もうすぐ春が来るのね」ととらえてもらいたい。

もちろん、我慢して食べてくださいというつもりはありません。
スが入っていた際は、お手数ですがご連絡いただければ交換いたします。
ただ、「スが入っているかもしれないからまとめて出荷停止しよう、ダイコンは廃棄しよう」
となっている今の常識にとらわれずに、
季節の変化をお伝えしたいと思うのです。

流通の会社が、
効率性を重視したり、お客さんとのコミュニケーションを怖がって
少量不安定なものを敬遠するのをやめたら、
お客さんが、
農産物の生き物としてのブレを楽しんでくれるようになったら、
その社会って、なんというか粋だし、包容力があるし、
いまより相当に環境への負担が小さいと思うのです。

私たちは、そんな社会を目指したいと思っています。
ですので、ブレを感じられる定期宅配を、まずはご検討してみてください。
冬がはじまる味、夏が終わる味、曇り空がつづいた味。
だんだん体に滲み込んでいくと思います。
「今週のセットは、いまひとつだな」、
そんな週も、もしかするとあるかもしれません。
(できるだけ楽しんでいただけるよう、めっちゃ努力はしているのですが…)

だけど、
「今週のセットは、ほんっとにおいしい。明日からもっと前向きに生きられそう!」、
そんなふうに、元気になってもらえる週も、きっとあるはずです。

 

 

 

 

 

農家さんも坂ノ途中もうれしいです。

定期購入には、

農家さんに栽培をお願いするお野菜の量が把握しやすいという利点がありますし、
前もっておおよそのスケジュールが把握できるので、
出荷や集荷の体制を組みやすく、事務仕事も少なくなります。

なにより、
「子どもが季節感を口にするようになりました」
「季節が変わるたびに見たことのない野菜が届くのが楽しくて、
毎週兄弟で八百屋さんごっこをしています」
「オクラはXXさんのものがお気に入りです」

お客さんからもらうそんなコメントに、
これこそが感じ取ってほしかったことだ!  と、うれしくなったりしています。

旬のお野菜セットお試しセット