また手にとりたくなる野菜

「美味しく育つ、理由がある」
日本の風土は多様です。
暖かな風と日光に恵まれたところ、ずっしりと雪が降り積もるところ、豊かな森と海に囲まれたところ――。

気候や地形、土壌によって、育つ作物もさまざまです。
その土地の特長を生かしながら、手をかけて育てられたお野菜は、うんと美味しい。

たとえば、瀬戸内海の無人島で日光をたっぷり浴びたまろやかなレモン、鳥取・大山のジンジンとする寒さのなかで甘みの増したキャベツ、対馬の海風を受け栄養を蓄えた原木で育った香り高いしいたけ。

「また手にとりたくなる野菜」では、そうした、美味しい背景、ストーリーをもったお野菜やくだものをお届けします。お料理をつくりながら、食卓を囲みながら、「農家さんはこんな人なんだって」「こういう場所で、こんな工夫で育てられているんだよ」「また食べたいね」そんな会話のきっかけにもなれば、とても嬉しいです。

目次

八ヶ岳のぽってり肉厚ピーマン
八ヶ岳の北斜面、山の空気が澄みわたる長野県小海町・佐久穂町から、厚い果肉に甘みの詰まったジューシーなピーマンをお届けします。
ベル型と呼ばれるようにぽってりとした形をしていて、果肉が厚く甘み豊か。苦みやえぐみ、青臭さが少なく、みずみずしい甘みが際立ちます。
夏の暑さで身体がばて気味のときにも、元気をもらえるような味わいです。
石川さんのごほうびトマト
南アルプスと中央アルプスに抱かれた高地。清らかな水が流れる長野県宮田村の〈石川農園〉さんから、「ごほうび」という品種のトマトをお届けします。
石川農園を営む石川誠さん・祥子さんご夫婦がつくるトマトは、しっかりした甘みと酸味があり、濃い味わいです。
阿波のこっくり枝豆
「おいしくて忘れられない」お客さまからそんな声が届く、岡田さんの枝豆。茹でているときから、甘い香りがキッチンにひろがります。ふわふわ上がる湯気のなか、茹でたてを味わってみてください。こっくりと濃厚な、旬の味です。
根っからのきゅうり
大阪府最北の町、能勢町(のせちょう)。
うつくしい山あいの里山で農業を営む〈TOBI FARM〉さんから、歯ざわりがとってもいい、ジューシーなきゅうりをお届けします。
汗が頬をしたたるような日、冷やしたきゅうりに塩をふってかぶりつく。「ぱりっ!」と元気な音がして、口いっぱいに水分が広がる。鼻を抜ける青い香りとやさしい甘み。おいしいきゅうりがくれる、とびきりの幸せです。
お客さまのお声
「また手にとりたくなる野菜」をお届けしたお客さまから寄せられたお声をご紹介します。
これまでの「また手にとりたくなる野菜」
これまでにお届けした「また手にとりたくなる野菜」や、「また手にとりたくなる野菜」を使った加工品たちです。

また収穫がある時期に販売を再開するものもございますので、楽しみにお待ちくださいね。